KCJK 気になる調査と実践の記録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

【基本情報技術者試験】 独学で合格する勉強法と良書を紹介します。

情報処理技術者試験は短期の学習で合格出来る試験です。

今回は基本情報技術者試験(FE)について私の合格経験と指導経験より自分なりの「基本情報技術者試験に短期で合格する方法」についてエッセンスをお伝えしていきます。

まずは始めに基本情報技術者資格の難易度を軽く説明します。モチベーションを上げていきましょう。

試験、勉強の難度

合格をゴールとした場合のこの試験特徴を並べておきましょう。

  • 勉強した分だけ成果が出る
  • 難解すぎない
  • 過去問が公開されている
  • 合格のボーダーラインが 60% と低い

基本者技術者試験は何も勉強しなくても出来るような試験ではありませんが、「勉強した分だけ成果が出やすい」試験です。難易度が高すぎる試験でもありません。初学者の合格実績も多数あります。範囲は広いですが、過去問も公開されており同じ問題が何度も出題されています。

さらに合格のボーダーラインは 60% とかなり低いです。つまり全分野完璧に仕上げる必要は無いことを意味します。

学習をスタートする際の心構えとして「今の自分には難しすぎる」と捉えずに「勉強すれば合格出来る」という態度で望んでください。

-

基本情報技術者試験が有用であり、合格も容易であることが分かったところで本題、「効率的に短期で合格出来る勉強法」について説明してきます。

良い書籍(参考書・問題集)= 教材の選択

まず最初に良い書籍を手に入れることからはじめましょう。

といっても書店へ行くと様々な種類の本が出ており「どれを使用して学習を始めるべきか?」悩むのが実情でしょう。

4種類の教材
  1. 参考書
  2. 問題集
  3. アルゴリズム教材
  4. スマホアプリ

基本情報技術者試験の教材は大きく分けると上の4つになります。

1.参考書

参考書を一冊用意しましょう。

おすすめはインプレスから出版されている五十嵐順子さん作の「かんたん合格 基本情報技術者教科書」です。

かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成28年度

かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成28年度

 

試験の合格を取るならばこの教科書で決まりです。一試験範囲でも載っていない箇所がありますが、合格水準を得るために必要な基本的事項を中心にとても分かりやすく解説されています。図とイラストで初学者にも理解しやすい言葉で説明してあるのが特徴です。特に使えるのが単元毎の用語・要点のまとめです。

Kindle版があるのもオススメの理由の一つですね。問題集と同時の持ち運びも楽になります。

まったく初学の場合はこの参考書を読むところから入りましょう。

業務経験がある方は「問題集」を解くところからスタートになります。ですが問題集の解説では補えないところがあるでしょう。そのときはこの「参考書」に立ち返って行きましょう。

2.問題集(過去問題集)

もっとも重要なものが問題集です。基本情報技術者試験において合否を分ける一番のポイントは過去問に取り組んだかどうか? になります。過去問題集を一冊用意しましょう。

おすすめはこちら技術評論社より刊行されている歴史あるシリーズ「基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集」です。

平成28年度【春期】基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理技術者試験)

平成28年度【春期】基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理技術者試験)

 

超定番品です。充実の問題量です。実際の直近数年度の過去問が収録されており、傾向とともにマスターできます。

さらに本書の特徴はサイズとレイアウトが勉強しやすく作られていることです。B5サイズと見開きで問題、解説、正答が確認出来るのが素晴らしい。解答・解説は別冊子のような問題集よりも、解らなかったことがすぐに知れる本書の構成のほうが頭に入りますね。

また解説も他に比べるて簡潔に分かりやすく書かれている点も高評価です。

■ 予想問題集よりもまずは過去問題集を

過去問題集と予想問題集がありますが、予想問題集については後回しですね。問題の言い回しが本番と異なったり、難度が低い=選択肢が容易に絞れるというのもよく見かけます。どちらかというと「過去問」を優先してください。

3.アルゴリズム教材

基本情報技術者試験の最大の難関とも言える「アルゴリズム」について的を絞った教材です。

必須ではありません。上記の「参考書」や「過去問題集」に取り組む中で、どうしても午後のプログラミング・アルゴリズム問題が理解できない方、苦手意識がある方は補助教材としてアルゴリズム用のものを用意しましょう。

おすすめは大滝みや子先生の「かんたんアルゴリズム解法 ~流れ図と擬似言語~ 」シリーズ。

基本情報技術者 大滝みや子先生のかんたんアルゴリズム解法 ~流れ図と擬似言語~  第3版

基本情報技術者 大滝みや子先生のかんたんアルゴリズム解法 ~流れ図と擬似言語~ 第3版

 

アルゴリズム教材は書店に行くといくつかありますが、試験用の書籍を用いるのが良いでしょう。やさしい問題からはじまり、アルゴリズムについて理解しながらだんだんと試験問題レベルが解けるようになる丁寧な構成になっています。

間違いやすいポイントが調度良く整理されているので助かる構成です。分からなすぎて悩んでる場合などは、さっさと教材を導入しましょう。

4.スマホアプリ

特に午前は前述した通り暗記が鍵になります。

こちらも必須ではありませんが補助教材として紹介します。

空き時間、移動時間の細切れ時間に最適なのがスマホアプリです。無料のアプリなど様々出ていますがおすすめはこのアプリです。有料だけあって問題数が多く解説もしっかりしています。予想問題集とありますが、過去問をベースにした良問が収録されているので問題ありません。

 

午前の勉強法

午前は正直暗記です。

午前合格のコツはひたすら問題集を解くことです。ひたすらに上記の過去問を解きましょう。2~3周すれば十分に合格水準に達します。また過去問を解く中で同じ問題や分野が何度も出てくることに気づくでしょう。

周回を重ねるほど得点率はあがりますが、やりすぎず午後の問題にも力を注ぐようにしましょう。

午前の計算問題

午前も厳密には暗記分野(問題読んだ瞬間に反射的に答えが出せるもの)と計算問題に別れます。計算問題は2ステップです。問題の解き方が分かる → 解法を用いることが出来ること。解法の暗記と適用が必要になります。

計算問題でも同じパターンの問題が沢山出てきます。知らないものは解けないのでまずはつまづいたら参考書や解答例に立ち返って覚えていきましょう。

暗記問題、計算問題の区分けをしておき「今日は暗記のみ勉強する」、「時間があるので計算問題を勉強する」のように運用すると良いでしょう。暗記が不十分なのか、計算が苦手なのか把握しておくとのも取り掛かり分野を決めるのに役立ちます。

 

暗記で受かることに抵抗があるかも知れませんが、一度頭に入れたものは「すぐには取り出せなくても覚えている」ものです。合格後高度の試験を学習した際に一、二周すれば思い出すでしょう。業務で似たような状況に出会った際など後になって実感を持って繋がってくることがあります。暗記だろうと合格は合格です。

午後試験の勉強法

人によってはアレルギー反応というか無駄に苦手意識を持ってしまうかも知れないのが午後の試験ですが、こういった見方が出来ます。

  • 午前問題 :範囲が膨大 → たくさんの勉強時間が必要
  • 午後問題 : 範囲は少ない → 午前ほど掛からない

トータルの勉強時間的には午前ほど必要となりません。そういった意味では午前のほうが難しいとも言えます。午後はコツさえつかめば解ける問題多いです。

問題集でつまづく人は「一度参考書に立ち返って、速く解こうとせずにじっくり読んで理解していくこと」が実は早道なのです。過度な苦手意識は持たず「じっくり取り組んだら理解できるもの」として取り組んでください。不得意というよりも「実は初見で敬遠している」という人が多いです。

重要なのは「頭だけで考えずに紙に書いてみる」ことです。ソートや配列の中身などは手を動かして書いてみると思った以上に簡単です。

分野

午後の分野については絞らない方が良い点に繋がります。ただどうしても勉強時間が取れない場合は「アルゴリズム」と「表計算」分野を重点的に取り組んでください。あとは午前の問題と共通知識で解ける問題と合わせて合格水準を目指しましょう。

勉強時間の配分

勉強時間の配分の参考として聞いてください。午前の問題は暗記です。通勤通学中や寝る前、昼休みなど細切れ時間を当てるのに適しています。

まとまった時間が取れるときは午後試験の勉強をするようにすべきです。ただ午後に取り組むタイミングですが、午前の知識を使うことも多いです。ある程度午前が分かるようになってから午後に取り組むのがベストです。

■ 学習初期

  • 午前試験の勉強

・・・午前試験がある程度解けるようになったら・・・

■ 学習中期 ~ 後期

  • 机に向かえるまとまった時間 → 午後試験の勉強
  • 細切れ時間 → 午前試験の勉強

 

学習や試験攻略のヒント

  •  解く優先順位
    すぐ分かる簡単な問題から解いてください。午前は難しい問題にあたったら考えこまずに飛ばして次の問題に進みましょう。(ただしこの際はマークミスに注意です)どちらかというと午後のほうが時間が不足しがちです。こちらも簡単な解法の分かる問題から取り組みましょう。躓いたところは消去法で消すくらいで埋めてしまって「簡単な問題に取り掛かれなかったという事態」を避けましょう。
  • 答えを埋める
    基本的なことですが4択なので適当に書いても4分の1は点数が取れます。全部埋めるようにしましょう。
  • 頻出のアルゴリズムは抑える
  • 苦手すぎる問題は捨てる
    浮動小数点計算などのめんどくさい問題が出てきます。予め捨ててしまうのも手です。もう勉強しない。
  • (経験者限定)アルゴリズムやフローチャートの理解は、実際プログラミングをしてしまうのが早かったりします。※経験者でつまづく人はJAVAなど言語はなんでもいいので再現してみてください。
  • 試験直前あたりは1回でも良いので試験と同じ時間内に問題を解くことをしておいてください。
  • トータル学習時間も大事ですが、もっとも大事なのが集中学習時間です。一問一問解く際に集中して解いてみてください。
糖分 栄養補給

なお試験は午前午後に渡ります。けっこう長丁場の試験ですので頭の回転が重要になります。当日はエナジードリンクなどで午前と午後それぞれの開始前に糖分補給をしておきましょう。 

■ ブドウ糖

こちらはおすすめブドウ糖です。試験中に限らず勉強中にも頭が回らなくなったなと感じた時に摂って見ると驚くほど捗ったりします。

ザバスエナジーアップタブ 150粒

ザバスエナジーアップタブ 150粒

 

■ チロシン

チロシンのサプリメントも有効です。個人的には集中力の増強に効果を感じています。各種試験の受験時や骨の折れる頭脳労働の際にお世話になっています。

Lチロシン 500mg(海外直送品)

Lチロシン 500mg(海外直送品)

 

基本情報技術者資格の評価

このページに辿り着いた方は基本情報技術者試験の受験者、もしくは試験内容や勉強法について調べており受験検討をされている方だと思います。

受験動機としては以下のような理由に集約されるでしょう。

  • 就職試験対策として履歴書の資格欄を埋める
  • 人事部から受験・合格を指示されている
  • 自身の情報技術に関する知識の整理のため

これから就職試験を受ける学生の方にとって「基本情報技術者試験」は一定の評価を得るものです。特にシステムインテグレーターやソフトハウスなどSI業界を志望する方はアドバンテージとなります。業界を志望する動機とそれに向けた行動の一つとして示すことが出来るからです。

 

内定が決まっており人事部からの受験指示がある方という人も多いですね。今仕事を始める前の熱いうちに基本的な知識を入れておくことは多いに役にたちます。業務についた際にどのプロセスを担当しているのか?俯瞰で大枠が捉えられるようになるからです。

また既に仕事を始めている方で取得を考えている人もいるでしょう。一時金やベースアップなど資格手当制度がある会社もあります。案外働き始めてからしっかり資格を取る人は少ないです。周囲と比べて体系的な知識的背景を持って業務に取り組める人材となれます。

仮にSI業界で働かなくとも、情報技術に関する知識というのは役にたちます。現在のビジネスはたいていITが密接に関わっています。

基本情報技術者はバラバラな実業務を体系だてて整理出来る基本的な力を証明する資格だと考えています。

よく「基本情報技術者試験は範囲が広いから高度情報試験の方が簡単」という試験に関するアノマリーがありますが、この広範囲をカバーする点が基本情報技術者の良い特徴でもあるのです。

また情報処理業界はドッグイヤー=技術の陳腐化が早いという指摘がなされますが、そのような状況においても「基本情報技術者試験」の内容というのは陳腐化するものでありません。

おわりに

以上、基本情報技術者試験について良書やスマホアプリから、午前・午後の学習のコツ、細かな攻略TIPSに試験・勉強時のドーピング栄養補給(笑)まで様々に紹介してきました。

最初に申し上げた通り、そこまで難易度が高い資格ではありません。勉強を沢山したのに落ちるという人もいない試験です。とにかく取り組んだら取り組むだけ成果が出る試験です。

みなさまが学習すすめていくためのヒントにしていただければ幸いです。最後に試験申込みのリンクを紹介しておきます。

試験申し込み

試験はインターネットからも申込みが可能です。現在は「平成28年度春期試験」の申込み受付中です。 インターネット個人申込みは 2016年2月26日(金) 20:00 が締め切りです。