読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

睡眠の考察 ~ ぐっすり眠れるための習慣作り。光の刺激をコントロールすることを始めよう。

ライフハック

人間よく眠れることは良い人生を送るための一つの要素だ。

「眠れない」という話は良く聞く。また眠れないからあれこれ試すという話もよく聞く。しかし一度崩れた睡眠の質を取り戻すのはなかなか難しいのが実情ではないか?子供のときのあの頃のように、起きたらすべて新しい一日がはじまっていたあの頃用に眠りにつく。そんなことを実現したい。

今日は眠りについて考えるとしよう。よく眠れるようにするにはどうしたら良いか? ということの答えがみつかるか。

自律神経 

人間は2種類の自律神経を持っている。交感神経と副交感神経だ。

  • 交感神経・・・活発な時に働く神経
  • 副交感神経・・・休んでいる時に働く神経

交感神経は緊張をもたらし、副交感神経は逆にリラックスをさせる神経となる。このことから眠るには副交感神経の働きを優位にさせなくてはならない。日中の交感神経から夜の副交感神経へのバトンタッチが安定した眠りへの条件だ。

交感神経が働きっぱなしの時は緊張状態になる。眠れない。この原因はストレスだ。

睡眠は人間の睡眠にとって必要なもの

睡眠の重要性を語る際によく使われる逸話はアメリカの高校生の話だ。

高校生が11日間の断眠に挑戦している。色々とよくない影響が出ていたが不眠記録。264時間。長らくこの話が使われてきたが2007年にイギリス人男性が266時間の不眠記録をつくっている。しかしこのチャレンジは危険ということでギネス認定されなかった。

睡眠を撮らない場合は、精神活動、免疫機能などに影響がある。成長ホルモンの分泌も阻害される。 これは人体実験ではなくマウスの実験などでも明らかになっている。

体内時計

狂いやすい体内時計。体内時計と称しているが実際はホルモンの分泌でさる。

日内変動といって状態によって脳内のホルモンの分泌が変わる。体温、血液、光などに反応してホルモン量が変化しているのが実態。

朝日を浴びるとメラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンの量が減る。しだいにコルチゾールいが分泌される。ホルモンの分泌によって起床はコントロールされているのである。

春眠暁を覚えずにも理由がある。日が長くなるのでメラトニンの分泌量が減る。睡眠があさくなる。あたたかいと副交感神経が優位になる。

春眠暁を覚えず。日が長くなるのでメラトニンの分泌量が減る=すなわち睡眠が浅くなる。もうひとつは気温。気温があたたかいので副交感神経が優位になる。逆に冬季うつ。これは光が少なく冬がメラトニンの活動が活発すぎるため。

 

現代において狂わせるものは?

ひとつ現代の不眠が生まれる要因として光の氾濫が考えられる。電球やスマホの画面などこれまでの人間生活にはなかった光が世界にあふれている。体内時計の乱れが生じる。これが睡眠障害の要因となる。

光の刺激をコントロール

今回はここまで。光で制御出来るという視点を持つことだ。

まずは光のコントロールからはじめよう。電気を消す。睡眠前はスマホ、読書、タブレットの利用を避ける。使うなら朝使おう。

ただし当日すぐに眠れるようなシロモノにはならないだろう。習慣としてすくなくとも数日間は継続する必要がある。きっと効果が実感出来るはずだ。

 

ファイン グリシンプレミアム レモン風味 30包

ファイン グリシンプレミアム レモン風味 30包

 
よく眠るための科学が教える10の秘密

よく眠るための科学が教える10の秘密

 
睡眠のはなし - 快眠のためのヒント (中公新書)

睡眠のはなし - 快眠のためのヒント (中公新書)

 
驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100

驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100

 
【指定第2類医薬品】ドリエル 12錠

【指定第2類医薬品】ドリエル 12錠