KCJK 気になる調査と実践の記録

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

【VHSビデオデッキ】現行品 ~ 確保はお早めに。2017年でも新品で手に入るビデオデッキ・ビデオテープ・ヘッドクリーナー

DVDが普及し始めて15年前後が経過した。PS2登場から丁度15年。その後はDVDがハードディスクレコーダーが登場し、後継のブルーレイディスクも登場しパソコンでも色々と保存できるような時代になった。

以前は映像記憶媒体はVHSが主流だった。VHSとはVictorが開発した家庭用の映像記録媒体の規格である。TV番組が録画出来て後から見ることができる夢のような機器。

今回はVHSビデオデッキに焦点を当ててみたい。もちろん現在の主流の家庭用映像記録メディアではないが、根強い需要があり生き残っている。

 SONY SLV-NX11 VHSハイファイビデオデッキ

主に二つの要因だ。

  1. VHSテープを再生したい
  2. VHSテープの資産をDVDやハードディスクへ移行

一つ目はわざわざ書くまでもも無い当然の用途だが、二つ目は大きい。ハードディスク容量の進化が一つ。テープ換算しても膨大な量のデータがテープとほぼ変わらないサイズのハードディスクに収まるようになった。

そしてスマホやタブレットなど普及である。手元にある小さい機器で映像が再生できるようになったのである。より映像に触れるのが簡単な時代になったと言える。

ここで再び注目を集めるのがVHSビデオテープである。再生デバイスの進化によりたくさんの数の映像を見ることができるようになった時代。自分の持つVHSテープを取り込んで楽にインデックス化し見れるようにしたいという人が増えている。関連記事*1 参照されたし。デジタル化しておけば画質の劣化を防げるというメリットもある。

再生需要、そして取り込み需要があるVHSビデオテープ。そのテープ再生するビデオデッキ。性能面から言うと90年代初頭の中古日本製というのが鉄板だが、VHSデッキはギアをいくつも仕様した非常に精巧なメカである。中古だとやはり劣化は免れずレストア趣味人のおもちゃという印象も否めない。

昨年はVHSデッキにとっては不遇な年だった。新品の生産量が減ってしまった。

それでもまずは新品を検討したいところ。テープを再生するビデオデッキは現在生産されているのか? 新品で手に入るのか? どの程度の価格が目安となるのか? ビデオヘッドクリーナーなど周辺機器もまだ手に入るのか?について書いていく。

2016年12月 更新

再生専用デッキ:OENビデオカセットプレーヤー HVP-050

OEN 再生専用ビデオカセットプレーヤー HVP-050

OEN 再生専用ビデオカセットプレーヤー HVP-050

現行品で人気の高い再生専用のビデオカセットプレイヤーである。Amazonのショップにて新品状態でいくつか出品されている。

19ミクロンヘッド搭載
S-VHS簡易再生機能
可変スロー再生機能
CMスキップ機能(約30秒)
テープ挿入自動再生
ワイヤレスリモコン付

 再生専用デッキとして十分な機能を備えている。パソコン関係など最新機器に疎い老齢のご両親などへのプレゼントとしても最適である。

本製品と以下のUSBビデオキャプチャを購入すれば「テープ資産をパソコンに取り込む環境」はとりあえず構築できる。

I-O DATA USB接続ビデオキャプチャー高機能モデル GV-USB2/HQ

I-O DATA USB接続ビデオキャプチャー高機能モデル GV-USB2/HQ

 

 

 録画デッキ:地上デジタルチューナー内蔵ビデオ一体型

DXアンテナ 地上デジタルチューナー内蔵ビデオ一体型DVDレコーダー DXR160V

DXアンテナ 地上デジタルチューナー内蔵ビデオ一体型DVDレコーダー DXR160V

 

高性能の機種である。地上波デジタルチューナー内蔵でありDVDレコーダーも内蔵している。VHSビデオテープを使っての録画・再生、双方向へのダビングが可能である。

大きめのブラウン管TVなどアナログTVで地上波デジタル番組を見ることもできる。今現在でもVHSを戦力として存分に使いこなす用途にも使える。アジア製の出所不明なメーカーでなくDXアンテナ製というのもポイント。現在変える品質の高いビデオデッキとしてはこれが一番なので確保しておきたい。

一時しのぎでなく今後とも末永く使うことを見据えているのならば機能面充実した当機がおすすめ。

 周辺機器:VHSカセットアダプター

Panasonic VHSカセットアダプター VW-TCA7

Panasonic VHSカセットアダプター VW-TCA7

 

調べてみたところ現在はVHS-C規格のカセットを再生できるデッキはほぼ絶滅したようだ。代わりにVHS-Cカセットアダプターが発売されている。お子様の子供時代の貴重な映像などVHS-Cテーブの資産を持つユーザーの方もこれがあればVHSビデオデッキで再生が可能となる。

 周辺機器:ビデオヘッドクリーナー

VHS/SVHSビデオデッキ用乾式ヘッドクリーナー

VHS/SVHSビデオデッキ用乾式ヘッドクリーナー

 

 ビデオデッキの画質維持にはヘッドの定期的なクリーニングが不可欠。乾式と湿式がある。個人的には乾式でやってみてダメなら湿式でトライという感覚だと上手くいくことが多い。

ビデオヘッドクリーナー湿式 MVD-HCW

ビデオヘッドクリーナー湿式 MVD-HCW

 

 クリーナーはまだ生産が続いているようで嬉しい限りだ。

ビデオテープ 

TDK VHS スタンダード 120分録画 3本パック [T-120HSUX3]

TDK VHS スタンダード 120分録画 3本パック [T-120HSUX3]

 

VHSのビデオテープは非常に厳しい時代を迎えている。何しろ近年では電気店の店頭では販売されていないことが多い。インターネットで購入するしかない。しかし残念ながらあれほど値段が下がっていたVHSのテープメディアは結構良いお値段がするようになってしまった。3巻で1700円程である。これでもまだ新品で手に入ることが有り難いかもしれない。前述した通り、VHSデッキをメインに使われているお年寄りの方などに残された選択肢であるとも言える。

VHSテープの生産も今後は絞られていくと考えられる。早めに確保したほうが良いだろう。

おわりに

以上、VHSビデオデッキの関連品について記してみた。現在でもまだギリギリ新品を活用することは可能である。個人的にはテープ資産が大量の場合は一台新品のデッキとビデオキャプチャー製品を購入して、早めにハードディスクなどの記録媒体に取り込むことをおすすめする。