KCJK 気になる調査と実践の記録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

1月18日週のドル円の展望 116円台 チャイナショックラインの攻防が続く!長期トレンド転換なるかに注目です。

1月18日週が始まりました。

先週に引き続き、非常にエキサイティングな状況です。

現在の状況を整理しておきましょう。

先月の12月18日、123.56の高値をつけて以来日足レベルで下降トレンドに入っています。以降、年が明けても変わらず1ヶ月が経過し下がり続けています。

以下日足チャートです。

f:id:seagullrhythm:20160118071049p:plain

先週1/11週は下窓開けで始まった為替相場、116.68をつけました。その後一気に下抜けることはせずに118.31まで反発しました。しかし金曜日週末再び年初来安値を更新しました。

  • 高値 1/13 118.31
  • 安値 1/15 116.50

そして週明けは少し下窓を明けましたが埋める形で始まっています。

 

チャイナショックラインの攻防

一番の注目は昨年8月24日につけたチャイナショックラインの攻防です。116.15このラインを割るかどうか? 今週二度目のトライになります。

f:id:seagullrhythm:20160118071328p:plain

個人的にはこのラインは今後のトレンドの大きな分水嶺です。2011年末より続いてきた4年間に渡る上昇トレンドの終了。日本の景気も完全に為替と連動してますので、このラインを割った時がアベノミクス終焉という見方もできます。

ここまではロング一辺倒で安全だったものがショートを基本に考えるように転換する大きなラインです。

今週のドル円の戦略

再び勝負ポイントでチャイナショックラインの116.15が近づいています。ライン際の攻防のみイメージします。このラインを明確に割れば110円までは落ちるでしょう。

  1. ラインを割った → ブレイクアウトエントリー (要枚数調整)
  2. ラインを割った→ 戻り売り 2番目の波は
  3. 反発 → 様子見

このラインをブレイクアウトするとお祭り的に下降する可能性があります。付いて行きたいのであればストップ浅めにしてブレイクアウトエントリーを考えても良いでしょう。枚数は少なめの方が無難です。

本命は戻り売りですね。明確に抜けたのを判断しトレンド転換で戻ったら売る、戻ったら売るの繰り返しです。

反発する可能性もありますが、特に今はロングできません。リスクが非常に高い行為です。壁を背にしてという考え方もできますが、最悪ストップが刺さらないような急激な下落に見舞われる動きをするラインでもあります。

ロングをするならば先週高値の118.31を超えたところからロングを検討すべきです。

 

DMM FX

*現在はハイボラティティ。ライン際の攻防はリスクがありますが枚数管理タイミング管理に注意すれば確実に利益を出すチャンスとも言えます。口座開設がまだお済みでない方はお早めに!

全国的に雪の多い天候となっています。関東近辺でも普段ない量の降雪です。忙しい週明けですが、積雪・路面の凍結などに注意してください。また一部路線の運休がアナウンスされています。情報確認して出勤通学しましょう。

それではみなさんの一週間が良いものになりますように。

*当サイト管理人のおすすめ投資関連書籍。投資の基本は様々な知識を身につけ自分にあった手法を確立することです。