KCJK 気になる調査と実践の記録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

プロ野球 2017年シーズン 開幕戦 ~ 読売ジャイアンツのスタメンと開幕投手予想

野球 読売ジャイアンツ 2017シーズン

熱かった日本シリーズもファイターズの優勝で終わりました。FA移籍市場もいよいよ活発になるオフシーズンを迎えたばかりですが、早くも待ち遠しい2017年シーズンのプロ野球。シーズンの開幕は2017年3月31日です。(WBCの関係で例年よりも遅い)

高橋由伸監督となって1年目の昨シーズンは、球界の盟主巨人としては悔しい2位に終わりました。カープの独走に対して一時はかなりゲーム差を詰めたのですが終盤に掛けては勢いとチーム力の差を感じる程に突き放されました。

クライマックスシリーズでも横浜DeNAベイスターズと接線を繰り広げるものの敗れ去る。数年前の状況から一変、巨人は厳しい時代を迎えており「常勝」が約束されている訳ではないというのを改めて思い知らされるシーズンでした。

しかし、それでも2位を取るのは流石です。主力選手がベテランの域にさしかかり世代交代が上手く行っていない指摘はありますが、経験値の高さが尋常ではない。阿部、村田、坂本、長野の経験と勝利をもたらす力。他チームに比べてレギュラークラスの20台野手が弱い点を新外国人や移籍でカバー出来ればそう簡単に下位に転落するような事態にはならないでしょう。

というわけで気になる読売ジャイアンツの開幕投手、ローテーション、スタメンオーダーについて現時点での情報を元に予想していきます。

追記:

大田泰示・公文克彦とファイターズ、吉川光夫と石川慎吾の交換トレードが成立!
山口俊 FAにて獲得!
森福允彦 FAにて獲得!
陽岱鋼 FA にて獲得! 凶悪な補強ですね・

ジャイアンツ坂本勇人カレンダー2017 ([カレンダー])  

開幕投手

  • 菅野智之 投手

開幕投手は当然エースである菅野智之です。昨シーズンの菅野は前半戦は鬼神のような投球を見せていました。球威が増して変化球も面白いようにキレる。しかしながらチームの打撃状態もあり勝ち星がなかなか付かなかった。

「勝運に恵まれない」
この言葉が冗談では済まなくなってきた印象です。 2015年、2016年と2年連続。間違いなくリーグNo1の力がある投手。ただ後半戦は調子を崩していたようにも見えます。すなわちシーズンを通して戦うスタミナに課題があるのかも知れません。

2014年シーズンから4年連続での開幕投手。今シーズンは最多勝、沢村賞クラスの活躍を期待します。

開幕ローテーション 6人

続いて開幕ローテーションについて見てきましょう。

  1. 菅野智之
  2. 田口麗斗
  3. マイコラス
  4. 内海哲也
  5. 大竹寛 山口俊
  6. 吉川光夫

菅野は一番手確定。続くは昨シーズン成長が著しかった田口麗斗です。 プロ初登板を果たした2015年シーズンも良い投球はしていましたが課題に見えたスタミナの問題を克服し完投勝利を挙げるまでになりました。安定感のある計算できる投手になりました。個人的には球界を代表するような左腕になるのではないかと見ています。2年連続の2桁勝利、そして多くの貯金をもたらすことを期待します。

続いては3年目のシーズンとなるマイコラス。故障により出遅れましたが、やはりある程度の地力がある選手。故障なく開幕に間に合えば怖い存在です。課題はマウンド上でイライラするシーンが目立つこと。小林とは信頼関係を築いて欲しい。両者気持ちよく勝利に導くことを期待したいです。

かつてのエース内海哲也も外せません。昨シーズンも初登板は5月半ばと開幕ローテーションに名を連ねることが出来ませんでしたが一軍復帰以降は正直期待以上でした。経験値を活かして再び10勝を目指して欲しい。

ジャイアンツはここからが難しい。5、6番手を投げる投手。実績から大竹寛ですが離脱しがちなことは否めない。ただクライマックスシリーズで見せた圧巻の投球もあり、地力は高い。

追記。山口俊投手の加入が決定しました。

5番目には横浜DeNAベイスターズより加入した山口俊投手に。もっと上の位置でも良いのですが、CS欠場など万一のことがあるかも知れずここは様子見。うまくいけばローテの柱になる選手だと思います。

6番手はさらに悩ましいところです。ポジションを競争という形にもなっていない。高木勇人は2年目のジンクス通り打ち込まれるシーンが目立った。期待を込めてですがここは今村信貴を推します。

→修正

吉川光夫が交換トレードにて加入!! ということで当然≒一年目ということもあり開幕ローテーションには入るでしょう。実績・戦力面から言えば巨人に大きな分があるトレードに見えます。

-

個人的な期待は杉内俊哉。大手術明けのシーズン、杉内は2軍で登板するところまで果たしました。不屈の精神力に脱帽です。開幕間に合わずとも2017年シーズンでの1軍での先発が見たいです。

■ 新戦力
マイコラス・内海・大竹と昨年は離脱期間が長かった。やはりもう一人軸となる投手が欲しかったところに山口、吉川と実績のある先発が加入しました。

開幕スタメンオーダー
  1. (右)長野久義
  2. (中)陽岱鋼
  3. (遊)坂本勇人
  4. (一)阿部慎之助
  5. (三)村田修一
  6. (左)ギャレット・ジョーンズ
  7. (ニ)クルーズ
  8. (捕)小林誠司
  9. (投)菅野智之

1番は長野。体調、足の状態が不安視されながらも外野の中では一番信頼出来る選手。なんだかんだで全試合出場を果たしています。昨シーズンは4番を打ったりもしたけどあまり合っていなかった。長野が1番、6番あたりで固定出来るかが鍵です。

2番も悩ましい。というより外野枠。他球団では活きの良い若手が競争を繰り広げているポジションですが橋本、大田、立岡とこのあたりの選手がチャンスを何度も与えられながらも掴み取ることができませんでした。結局のところ終盤で復帰した亀井に落ち着く形です。

→ 追記:陽岱鋼獲得で変更です。センター陽岱鋼、ライト長野。

3番は坂本勇人。ショートとしてセリーグ史上初の首位打者を獲得。クライマックスシリーズでも一人次元の違うスポーツをしているような印象でした。充実のキャリアハイを過ごした後のシーズン。今シーズンも坂本のプレイが楽しみでなりません。

4番は阿部慎之助。巨人が2位に食い込んだのもやはりこの男、阿部慎之助の力が非常大きかった。勝負強さ、経験値の豊富さが段違いです。ファーストの守備に関してもコンバート当初に比べると良くなっていると思います。

5番は村田修一。ミートに徹した打法が効を奏し復活を遂げます。本塁打も20本ですから流石。昨年時点では世代交代も騒がれましたが、続く選手との差は大きい。今シーズンも同様の路線で活躍して欲しい。

6番はギャレット。残留で間違いないでしょう。シーズン序盤は期待外れでしたが、徐々に成績を上げてきました。巨人が自前で獲得する選手では久方ぶりのアタリ。ポジションもファーストは任せたくないですが外野なら及第点でしょう。

7番はクルーズ。一発もある選手がここにいるのは頼もしい。派手に見える守備も大きい。ただ離脱の多い選手だけにシーズン最初に間に合うかが気になるところ。クライマックスシリーズ前に首脳陣と揉めましたが矛を収めたという報道もありますので真摯になって新たなシーズンに望んで欲しいです。

8番はキャッチャーは小林誠司。前任者の阿部と比較して叩かれる傾向がありますが、過小評価されがち。打撃についてはもう少し打てる力があるはず。小林の休養日を作るなどして廻して行けば良いのにと思うこともあります。

■ 課題
野手に関しては世代交代があまりに進んでいない。来年もベテランの力と経験に頼ることになりそうです。
また外野に関しては補強ポイントでもあります。橋本、大田、立岡、重信の中から抜けるような存在があれば面白い!とは誰もが思うのですが・・・FA市場からの調達も十分に予想されます。

2017プロ野球全選手カラー写真名鑑号 2017年 2/24 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 別冊

2017プロ野球全選手カラー写真名鑑号 2017年 2/24 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 別冊

 

 

 

リリーフ

リリーフに関しても課題があります。無理に見える連投も多かっただけに勤続疲労が心配されます。

  • 7回 山口鉄也
  • 8回 マシソン
  • 9回 澤村拓一
  • リリーフ 戸根千秋 宮国椋丞 田原誠次 森福允彦

山口鉄也はこれまで通りの登板数をこなして来ましたが、やはり打ち込まれるシーンが目立ちました。かつての相手に与える威圧感は消えている。

マシソンは孤軍奮闘にも見える活躍で70試合超の登板、終盤の失点を防ぎ多くの勝ち越しを演出しました。

抑え澤村拓一。不安定なところは否めません。特にシーズン終盤からクライマックスシリーズが酷かった。力を入れて投げすぎなところを修正しない限り、絶対的守護神として信頼は難しいでしょう。

但しセーブ王であるのは事実。配置転換や先発復帰の声も上がりますがもう一年は任せると見ています。

カープのジャクソン、ヘーゲンズのような投手が獲得できればこのあたりは変わるかも知れません。マシソンを守護神にして澤村先発復帰という手もあります。

リリーフ陣は若干不安がありましたが森福の加入が大きい。巨人でピンポイントではなく投げる姿に期待です。

開幕カード 日程

2017年3月31日(金) 18:00 
球場:東京ドーム
読売ジャイアンツ vs 中日ドラゴンズ

開幕カードの対戦相手は中日ドラゴンズ。2015年2位であったため本拠地東京ドームでの開催が決定です。

●●● 人気記事 各球団の2017年開幕予想記事

広島東洋カープのスタメンと開幕投手予想

読売ジャイアンツのスタメンと開幕投手予想

横浜DeNAベイスターズのスタメンと開幕投手予想

阪神タイガースのスタメンと開幕投手予想

中日ドラゴンズのスタメンと開幕投手予想

東京ヤクルトスワローズのスタメンと開幕投手予想

福岡ソフトバンクホークスのスタメンと開幕投手予想

北海道日本ハムファイターズのスタメンと開幕投手予想

東北楽天ゴールデンイーグルスのスタメンと開幕投手予想

千葉ロッテマリーンズのスタメンと開幕投手予想 

埼玉西武ライオンズのスタメンと開幕投手予想

オリックス・バファローズのスタメンと開幕投手予想 

●●● 関連記事

プロ野球 読売ジャイアンツ 2017年試合日程 ~ セリーグ・交流戦 レギュラーシーズン143試合のカード・球場一覧 - KCJK 気になる調査と実践の記録

報知ジャイアンツカレンダー2017 ([カレンダー])

報知ジャイアンツカレンダー2017 ([カレンダー])

 

  

Be Ready?準備は自分を裏切らない? (扶桑社BOOKS新書)

Be Ready?準備は自分を裏切らない? (扶桑社BOOKS新書)