読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

プロ野球 2017年シーズン 開幕戦 ~ 中日ドラゴンズのスタメンと開幕投手予想

野球 中日ドラゴンズ 2017シーズン

プロ野球2016年シーズンも終了し、オフシーズンが始まっています。大型トレードの報道やFA選手の動向などストーブリーグがはじまり2017年シーズンへのチーム作りが活発化しています。というわけで各球団の開幕スタメンを予想するシリーズ。今回は中日ドラゴンズです。

中日ドラゴンズは近年厳しい状況がつづいています。かつての強竜のイメージは陰を潜め、4年連続のBクラスという記録を作ってしまいました。谷繁元信監督は昨シーズンから選手を引退し監督専任となりましたが、1年目の途中から成績不信により解任となりました。

変わって森繁和コーチ。2017シーズンからは監督として指揮を取ることになりました。名参謀として名を馳せていた氏が監督としてどのような采配を見せるか? 非常に楽しみです。

気になる2017年シーズンの開幕戦、開幕投手やスタメンオーダーはどうなるのか? かなり先取りですが予想してみます。

中日ドラゴンズ 2017年シーズン開幕戦

開幕戦予想に入る前に現時点での状況を整理しておきましょう。
森繁和監督就任によりチームの体制にも変化が見られます。もともと投手中心に見ていた森監督、野手面の担当として前オリックス監督である森脇浩司氏のコーチ就任が決まりました。勝てる守備・走塁を浸透させていく役割を担うようです。

そして名伯楽である土井正博氏も打撃担当のヘッド格コーチとして入閣。森監督のお願いを引き受けたようです。バッテリーコーチは落合監督時代を支えた田村藤夫氏がソフトバンクからドラゴンズに復帰する形となりました。実績・年齢でも重厚なコーチ陣容になっています。

続いてFA選手の動向。ドラゴンズにてオフシーズンの最注目は大島洋平と平田良介二人の中核選手たちの動向です。二人とも過去契約更改での交渉経緯などもあり、FA宣言して他球団へ移籍するのでは? という憶測や報道がシーズン中から飛び交っていましたが・・・、チーム編成に大きな影響を与える部分だけにどうなるか注目です。

→ 朗報。大島選手はドラゴンズに残る選択をしました。緊縮傾向のある球団ながら、しっかり年俸を用意する形になりました。残留=最大の補強ですね。

 開幕投手
  • 大野雄大 投手

開幕投手は大野雄大です。昨シーズンは不本意なシーズンでした。3年連続二桁勝利やプロ入り以降負け越しの無かった記録が途切れ二桁届かない7勝10敗。

それでも開幕は決まり。チーム状況が厳しいためファンの声も荒くなってている中、シーズン終了の挨拶にて自分の言葉で語る大野投手の姿。今シーズンはきっとやってくれるでしょう。

■参考 中日ドラゴンズの歴代開幕投手 2010年以降

10 吉見一起
11 M.ネルソン
12 吉見一起
13 吉見一起
14 川上憲伸
15 山井大介
16 大野雄大

実現すれば二年連続となる大野投手です。

開幕ローテーション 6人
  • 大野雄大
  • 若松駿太
  • 小笠原慎之介
  • バルデス
  • 小熊凌祐
  • 吉見一起

ドラゴンズの先発投手陣、人数はしっかりと揃っています。個々の本来の実力も高い。

大野雄大は開幕投手。つづいて若松駿太。伝家の宝刀であるチェンジアップが見切られるシーンが増えた印象で、二桁をあげた2015年には及びませんでしたが、まだ若い選手。体力面が強化できればきっちりシーズン通してローテーションを守ってくれるはずです。

続いてドラフト一位ルーキーイヤーにて期待通り大器の片鱗を見せつけた小笠原慎之介。暗い話題が続くドラゴンズでしが、彼の存在はとても明るかった。今オフ左肘遊離軟骨除去手術を受けます。その影響で出遅れはあるかもしれませんが、不安を取り除いた状態となった今後には期待できます。

つづいてはバルデス投手です。ハイメ、ネイラー、エルナンデス、ナニータ、セプティモという外国人選手の構想外を発表しましたが、20試合を投げたバルデス投手はまだ可能性があるようです。ジョーダン・ノルベルト投手も同様退団発表はされていません。残留となれば先発候補にも入ってきます。

続いては小熊凌祐です。昨シーズンはこの人の離脱が痛かった。復帰後も活躍して5勝2敗と貯金をつくりました。今シーズンさらに飛躍が期待される投手です。

最後にかつてのエース吉見。21試合に登板し7勝防御率3.08と復活と言って良い数字です。トミージョン手術からの復帰は簡単なものでは無かった。来季も無事に登板する姿が見たい。

 

開幕スタメンオーダー

FA権のある選手は基本残留。新外国人補強など新しい情報が入り次第追記していきます。

  • (中)大島洋平
  • (二)荒木雅博 
  • (右)平田良介
  • (一)ビシエド
  • (三)高橋周平
  • (左)藤井淳志
  • (遊)堂上直倫
  • (捕)杉山翔大
  • (投)大野雄大

一番センター大島は確定。なんと言っても安定感がすごい。毎年140試合に出場しつづけ安打を重ねる。計算の立つ選手です。

二番は大ベテランとなった荒木雅博。外国人エルナンデスや亀澤恭平の台頭も予感されましたが結局はこの人がスタメンを務めるシーンが多かった。コツコツと積み重ね1961安打。2017年はいよいよ2000本安打に挑戦するシーズンとなります。

三番はライト、平田良介です。現時点ではFAの動向は未定。→残留でした!

四番ファーストはビシエド。昨シーズン序盤は破竹の勢い。これがバリバリのメジャーリーガーか!と戦慄しました。しかし不調と怪我で後半は残念な形に。 残留が決まっているので日本球界に慣れた2年目に期待です。

レフトのポジションは福田永将が掴み取るのか? ついに二桁本塁打を記録しました。しかも出場89試合ですから。終盤は四番を努めました。今シーズンも期待です。

六番サード高橋周平。右手有鈎骨骨折の離脱があったのが残念。過去に比べるとかなり良くなっていると思います。今シーズンこそ飛躍の年に。

七番ショートは堂上直倫。堂上もキャリアでも最も出場しレギュラーを掴んだシーズンとなりました。引き続き期待です。

八番は杉山。松井、桂、杉山論争からは一歩抜け出た状況。

野手陣は期待値の高かった選手たちが徐々に力を発揮している状況で印象が良い。 ただ補強は必須。エルナンデス、ナニータとそれなりに活躍した外国人の退団がありました。もう一人大砲タイプの加入があれば面白いかも知れません。

GILD design IGI-EY-CD 中日ドラゴンズ イヤホンジャック

GILD design IGI-EY-CD 中日ドラゴンズ イヤホンジャック

 

 

リリーフ・セットアッパー

又吉克樹
岡田俊哉
抑え:田島慎二

抑えは引き続き田島慎二。シーズン途中からですが守護神に定着し17セーブをあげました。又吉は登板過多によって潰されてしまうのではないかと言う不安もありましたが、後半復活してきました。やはり地力がある投手です。岡田俊哉投手はなんと侍ジャパン選出がありました。かなり投球が安定していますので当然ですね。

ここに福谷の復活(もしくは成長)と新外国人の豪腕投手が入ってこれるかが課題になります。

開幕カード 日程

2017年3月31日(金) 18:00 
球場:東京ドーム
読売ジャイアンツ vs 中日ドラゴンズ

2017年シーズンの開幕は3月31日金曜日です。WBC2017が開催されますので例年より1週間程度遅いです。開幕カードは読売ジャイアンツです。今年はビジターでの開幕となります。ホーム開幕戦は4月4日(火) ナゴヤドームでの広島カープ戦となります。

プロ野球 中日ドラゴンズ 2017年試合日程 ~ セリーグ・交流戦 レギュラーシーズン143試合のカード・球場一覧 - KCJK 気になる調査と実践の記録

●●● 人気記事 各球団の2017年開幕予想記事

広島東洋カープのスタメンと開幕投手予想

読売ジャイアンツのスタメンと開幕投手予想

横浜DeNAベイスターズのスタメンと開幕投手予想

阪神タイガースのスタメンと開幕投手予想

中日ドラゴンズのスタメンと開幕投手予想

東京ヤクルトスワローズのスタメンと開幕投手予想

福岡ソフトバンクホークスのスタメンと開幕投手予想

北海道日本ハムファイターズのスタメンと開幕投手予想

東北楽天ゴールデンイーグルスのスタメンと開幕投手予想

千葉ロッテマリーンズのスタメンと開幕投手予想 

埼玉西武ライオンズのスタメンと開幕投手予想

オリックス・バファローズのスタメンと開幕投手予想 

2017プロ野球全選手カラー写真名鑑号 2017年 2/24 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 別冊

2017プロ野球全選手カラー写真名鑑号 2017年 2/24 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 別冊

 

 

~中日ドラゴンズ創立80周年記念~ 強竜列伝 栄光の軌跡編 [DVD]

~中日ドラゴンズ創立80周年記念~ 強竜列伝 栄光の軌跡編 [DVD]

 

 

Figma ドアラ ホームVer.

Figma ドアラ ホームVer.