KCJK 気になる調査と実践の記録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

海水にも耐える防水ウォークマン SONY NW-WS413 WS414 発売! ヘッドホン一体型でスポーツ用に最適。

オーディオ

スポーツをしている時に音楽を楽しみたいという需要を完璧に満たすかも知れない新型ウォークマンがSONYから発表されました。

 

Walkman NW-WS410シリーズ

ヘッドホン一体型のウォークマン。スポーツをしている方は結構重宝していたかと思います。ただ後継機種がなかなか出なかった。やっぱちょっと時代先取りしすぎて売れなかったのかなと思ってましたが、ついに発表がありました。

 

f:id:seagullrhythm:20160128140951j:plain

http://www.sony.jp/walkman/products/NW-WS410_series/

今はブルートゥースイヤホンなども進化してはいるのですが、やはりコードレスかつ本体一体型というのは嬉しいです。私はトレイルランやウォーキングを日課としていますが、山にスマホや高級なウォークマンを持ち歩くのってちょっと勇気がいるんですよね。

急な雨に降られたり、ぶつけて傷つけてしまったり、線が絡んで落としてしまったり、ポケットの機器が気になって変なフォームで走ってしまったり。だからこういうのは嬉しい。きになる一品です。

発売日

発売日は2016年2月13日の予定です。

性能

  • プールでも使用ができます。水深2m
  • ハードな性能試験にトライしています
  • 汗、プールの水、そして海水!
  • 重さ32g

海でも聴くというシチュエーションはちょっと個人的に想定してませんが、汗などに強いのはメリットですね。重さ32gととても軽い。

もう一つのポイントは入浴にも耐えると明記されてること。シャンプー・石鹸は対応外ですが、このシチュエーションは結構あるかもしれない。

外音の取り込み

スポーツ時というか外での利用時に個人的に重要視しているのは、没入感が高すぎないことですね。適度に外の音が聞こえた方が良いです。

ランニング中やウォーキング中は周囲の音を遮蔽してしまうと事故や怪我に繋がります。本気はマイクにより外音をミックスさせる機能をもっています。

電池の持ち

このウォークマンのように半デイリーユースする製品で重要なのは電池の持ちです。メーカー公称は12時間再生。一日一時間の運動でも数日持ちますね。最近の製品らしく充電も早くてクイック充電機能により3分充電で60分再生も出来るので出発前に気づいた時でもそこまでロスなく充電して使用できるようです。

容量

このNW-410シリーズは2種類の容量があるようです。型番は容量の違い。

  • 4GB NW-WS413
  • 8GB NW-WS414

対応フォーマットも通常どおり

  • MP3 WMA ATRAC リニアPCM(WAV) AAC AIFF

カラー

カラーは三色での展開となるようです。

 

ブルー NW-WS414/L

 

アイボリー NW-WS414/C

 

ブラック NW-WS414/B

個人的には容量はやはり8GB。値段が3000円程度違いそうですけど、4GBだと入れ替えの頻度がきつくなっちゃうので。

カラーはスポーツらしく鮮やかなブルーが欲しいですね。

 おわりに

最近SONYが息を吹き返しているような気がします。数年前よりも欲しいと思わせる製品が増えてきた。その最たるものがVAIOのS11。こちらは販売だけSONYってことだけど。ともかく食指が動く製品が増えてきてうれしいところ。