KCJK 気になる調査と実践の記録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

ヤマビルの吸血被害が増加中 ~ 気になる原因や対策はどうしたら良いのか? 動画あり

兵庫県で人の血を吸う生き物であるヤマビルによる吸血被害が拡大しているとのニュースがでています。血を吸うヒル。私も一度噛まれたことがありますが、血が止まらず痒くて大変なものでした。

ヤマビルの吸血被害が兵庫県内に広がっている。但馬、丹波、播磨地域を中心に、農林業や登山に加え、小学生の野外学習にも影響が及ぶが、決め手となる駆除方法はなく、関係者は苦慮している

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151116-00010001-yomidr-soci

今回のニュースでは小学生が野外学習にて被害をうけてしまったことなが伝えられています。私も登山(ハイキング、トレイルランニング)が趣味であるため気をつけたいとは思ってます。

ヤマビルとは

ヤマビルとは陸に住むヒル。近年生息域が拡大していますが、人やが媒介している場合や鹿などの野生生物が運んでいるとも言われています。人が吐く息などから存在を検知して飛びついてくるやっかいな存在です。

ヤマビル動画

ヤマヒル対策 ヒル下がりのジョニー - YouTube

こちらは人里に発生したヤマビルの動画ですが、しかし気持ち悪いですね・・・。含まれている血液の割合から鹿を媒介にして人里に降りてきているとのことです。

吸血生物現る! ヤマビルに吸われたら・・・ A sucking blood creature appears! If it is absorbed by a land leech・・・ - YouTube

こちらもちょっと閲覧注意。実際に沢山のヤマビルに自ら吸血させる実験をしている勇気ある方の動画です。古典的な方法かも知れませんが塩を塗ることが非常に効いているようです。

吸血されてしまった時の対策

・吸血しているヒルはすぐに除去する。無理に除去しても構わないが、皮膚を損傷することもあるので、タバコの火を付けたり塩をかけたりすると、すぐ取れるので、そのようにすると良い。
・傷口から血を押し出すようにして、血と一緒にヒルジンなどの成分を流し出すと治癒が早い。虫さされの際の毒を吸い出す器具(ポイズンリムーバー)を使うと便利。
・抗ヒスタミン剤(虫さされ用軟膏など)を塗布し、バンソウコウなどで傷口をふさぐ。 

ヤマビルにご注意を! - 神奈川県ホームページ

動画にもありましたが、身近なものでは塩が効くようですね。タバコの火も効果あるとのこと。吸着力が高いので一旦弱めてから剥がすのが鉄則のようです。また血が止まらないようにする成分=ヒルジンを利用して吸うという厄介な技をつかってくるので、傷口からヒルジンを押し出すと血が止まりやすいようだ。

足下の予防に
株式会社エコ・トレード ヒル下がりのジョニー 140ml

株式会社エコ・トレード ヒル下がりのジョニー 140ml

 

 刺される前のケアにはこのようなスプレータイプの製品があります。ヒルが登ってくる足下をガードしておくと良いそうです。靴や靴下、ズボンのスソを徹底的にガードしましょう。

応急処置の軟膏 
【指定第2類医薬品】ムヒアルファEX 15g

【指定第2類医薬品】ムヒアルファEX 15g

 

 万一さされてしまったら、抗ヒスタミン剤の定番「ムヒ」を塗布して処置しましょう。ハイキングなど山に入る際、梅雨などの湿度の高い時期はもちろん、ヒル多発地帯に出かけるのであればこれらのスプレーや軟膏は携行品の中に入れておくのが安心でしょう。

今回ニュースになったヒル被害増加の問題は鹿の里山くだりと関係しているようです。こちらも獣害として近年耳に挟むことが多くなってきてます。簡単へ対処できる問題ではなさそうです。長い時間掛けて付き合い続けることがありあそうですね。