KCJK 気になる調査と実践の記録

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

速報!日本代表 vs カンボジア戦 ~ サッカーワールドカップアジア予選。試合結果とレビュー

11月17日、サッカーのワールドカップアジア2次予選、日本代表対カンボジア戦が行われます。今回はアウェイの試合、格下カンボジアとの試合。ここで勝てば日本の一位通過はほぼ確実なものとなります。

年内最後の代表戦です。アジアカップ敗退、アギーレ監督退任、ハリルホジッチ監督就任からふわふわしたままの予選といろいろあった2015年のサッカー代表。次は数ヶ月後とちょっと間があきますのでしっかり締めておきたいですね。

試合

W杯アジア2次予選 グループE

日本代表 vs カンボジア代表

2015年11月17日 21:14 キックオフ
プノンペン・ナショナルオリンピックスタジアム

スタメン

日本代表のスタメンは前回と大きく入れ替わっています。

・GK

西川周作(浦和レッズ)

・DF
藤春廣輝(ガンバ大阪)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
槙野智章(浦和レッズ)
長友佑都(インテル/イタリア)

・MF
遠藤航(湘南ベルマーレ)
山口蛍(セレッソ大阪)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)

・FW
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
宇佐美貴史(ガンバ大阪)
岡崎慎司(レスター/イングランド)

12日に戦ったシンガポール戦から大きく入れ替わってます。八人の選手を変えています。岡崎、香川、宇佐美、遠藤などがスタメン復帰です。本田圭佑や長谷部誠、森重真人など普段のレギュラーも何人か変わっています。GKは変わらず西川周作です。

前回調子が良かった金崎夢生や柏木も今回はスタメンを外れています。ハリルホジッチ監督しては色々なメンバーを見ておきたいというのもあるのでしょう。本田、長谷部両名がいないというのはあまり記憶にないことなので新鮮ですけどね。

FIFAランキングに大きく差のあるカンボジアとの対戦。このメンバーでも確実勝利を掴んでおきたいところです。

個人的には原口、宇佐美、岡崎の3人の前線は楽しみですね。攻撃力重視。武藤もいないということで誰が起点になってコントロールするのかが気になるところです。

 

 

試合経過

ある程度のところで追記していきます。

前半終了。まったく攻めきれず。解説はピッチの話ばかりするが、そればかりではないだろうという感じ。カンボジアのほうが良い攻撃を見せることが多くていまのところは残念。牧野、吉田ともに格上ならば危ういところだ。

おそらくメンバーを変えたほうがよい。

後半開始。遠藤 out 、柏木 in 。柏木が入ってリズムがよくなる。岡崎はPKを外すもその後にヘッドで取り返す。1点目。(岡崎の得点ではなくオウンゴールだったようです)

終了間際。藤春の折り返しをヘッドで本田が決める。さすが本田。代表戦ではかならず点を取ってくれる。頼りになりすぎ。2点目。

試合終了

日本 2 - 0カンボジア

ピッチやボールの問題を抜きにしても苦戦しすぎだと思う。長谷部がいない影響もあった。正直FW陣はまだまだ本田が抜きん出ている。他の選手とはレベルが違う。南野はもっと早く使える展開にならなかったのが残念。

とりあえず勝った!日本のアジアの地位も当然だが盤石ではない。他の国も強くなっている。追いつかれるスピードを感じるのでもっと成長して欲しい。