KCJK 気になる調査と実践の記録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

9月12日 横浜DeNA ベイスターズ vs 読売ジャイアンツ 試合レビュー

野球

負け。

ベイスターズ負けてガックシ

ベイスターズ 3-6読売ジャイアンツ 

 

試合レビュー

横浜DeNAベイスターズは初回、得意としている高木を攻める。まずは荒波が3ベースヒットで先頭打者ヒットを放つと、3番梶谷が1,2塁を破るタイムリーヒットを放つ。1-0。次の回は砂田自らのヒットで追加点をあげる。

非常にお得意様であるジャイアンツ高木(オムライス)をノックアウト。幸先のいいスタートだが、その後の高木京介が打ち崩せない。

先発の砂田の調子は良くはない感じでフラフラ。なんとか5回まで投げきるも同点においつかれる。

つづく6回。リリーフ三嶋がまさかの4失点。完全に誤算だった。6回には村田のソロで勝ち越しされ、代打・アンダーソンの3ランが飛び出し、リードを広げられる。

その後8回に1点を返すもゲームセット。うーん。がっかり。

ポジ

荒波が入ると強い。今シーズンセンターは乙坂、関根と騒がれたがやはり本調子の荒波さんがNo1。

宮崎が代打でヒットを放つなど比較的好調。この人のバッティングはほんと上手い。

ピッチャーは岡島がひさしぶり、四球後満塁ホームランの事件以来の登板で心配だったが三者凡退にピシャリと抑える。タナケン・エレラがいない以上は左のリリーフとして彼の役割は大きい。

巨人とは8ゲーム差。これで完全にCSの目が途絶えた感じ。それにしても弱い。ピッチャーも問題だが打線もほとんど3点くらいしか取れないゲームがつづいてる。なんとか来年に繋がるゲームをして欲しいところである。