読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

西武ライオンズ 2015-2016年 契約更改 ~ 中村剛也、森友哉、秋山翔吾、増田達至 など注目選手の年俸と成績を振り返る。

野球 埼玉西武ライオンズ 契約更改

12月プロ野球の契約更改がどんどん進んでいます。

主にバッター方面であいかわらず良い選手が揃っている印象ですが。西武ライオンズの今シーズンは悔しい4位でした。今年の契約更改はどうなるのか?西武は比較的早く契約交渉を消化しています。

中村剛也、秋山翔吾、森友哉などプロ野球ファン注目の選手たちの年俸はどうなったのか?各選手の短評を交えながら感想を述べていきます。

まずは打者(野手)からいきましょう。年俸は報道発表による推定です m(_ _)m

打者編 西武ライオンズ 野手の契約更改

中村 剛也 内野手 4億1,000万 +3,000 万

中村剛也選手は2015年も大活躍でした。本塁打王は6回目(08、09、11、12、14、15)の獲得。そして打点王(09、11、15)も獲得しています。今シーズン山田選手や柳田選手のトリプルスリーで球界が湧きましたが、中村選手も3度目の2冠王。貫禄ですね。今シーズンは欠場も少なくなっており600打席近く、139試合の出場でした。

そして年俸文句なし。今のところ球団野手最高年俸の4億1千万で来季の契約を結びました。WBSCプレミア12では順当に4番に座りましたが、あまり芳しくなった。本人のメジャー至高のなさもわかる気がします^^

栗山 巧 外野手 2億 -4,000 万

栗山選手はここまでプロ14年間一貫して年俸伸ばしてきた先週でした。しかし今回の契約更改では初のダウン更改。142試合と要として出場はしていました。打率.268 打点42は少々ものたりない成績です。フル出場の割に下がるのは多少可哀想ですが、キャプテンとしてチームBクラスの責任というのもあるのかも知れません。

メヒア 内野手 3億 +1億2,000 万

メヒア選手もどんどん年譜を伸ばしています。昨年のホームラン王。今期はチームメイトの中村剛也に譲りました。ホームランこそ下がりましたが今年は打点を伸ばしています。(しかし去年の打点の少なさはなんだ?)

少々打率が低いのが気になります。来年大丈夫か?西武としてはかなりの大盤振る舞いのような気がしますが果たして?

秋山 翔吾 外野手 1億5,000万 +8,800 万

秋山選手は今年大ブレイクでした。倍増、一億超えも当然の成績、プロ野球記録であるシーズン216安打を記録しました。記録の継続中は神がかってましたね。いつかはペースが落ちるか? と思ってたんですがとまることがなかった。

WBSCプレミア12でも当然のように不動の一番バッターとして役割を果たしました。今後も注目。来シーズンが勝負と思いますが、引き続き継続してフロックでないことを示して欲しいです。

炭谷 銀仁朗 捕手 1億 +1,000 万

炭谷銀仁朗選手!ついに大台の年俸1億円突破です。やったね。正直これだけ守備力で安定している捕手が1億というのも他のチームを考えると安すぎるような気がします。WBSCプレミア12でもかなりの出場機会を得ていました。代表に選ばれる実力も納得なのですが、個人的にはいまいち過小評価されがちな気がしてる・・・

浅村 栄斗 内野手 1億 +2,200 万

浅村選手は年俸があがりました。本人は謙虚に上がるとは思わなかったと言っていますが、141試合出場、打率.270 13本 81打点の成績。セカンドとしては十分な選手だと思います。

貫禄があるんですけど、まだ25歳なんですよね。堅実というか早くもいぶし銀っぽい感じもして好きな選手です。プレミア12はロースターに入ってましたが、メンバーには選ばれず。代表クラスの選手だと思います。

渡辺 直人 内野手 5,200万 -700 万

楽天、横浜とトレードで渡ってきて西武でプレーする渡辺選手。今シーズンは少し出場機会を減らしてしまい700万円ダウンの減額でした。今シーズンはFAを取得しています。そしてチームに残留という選択をしました。苦労人、好きな選手だけに頑張ってもらいたいです。

森 友哉 捕手 4,000万 +2,100 万

ドラフト1位森選手の2年目のシーズンはホームラン17本と素晴らしい成績でした。まだ10代でこれとは恐ろしい子。森選手の打撃は見ていて楽しいです。

年俸も一気に倍増しました。今後も順調に伸びてほしいところなのですが、課題はやはり捕手。炭谷という正捕手がいますが、その打棒で牙城を崩せるか? DHだけだとやはり物足りなさがあります。打てる正捕手を目指してほしいですね。

金子 侑司 内野手 2,400万 -200 万

3年目の金子選手はそれまでよりも成績を落としていしまいました。200万の減額です。(ミタパンとの噂どうなったんだろうか)

鬼崎 裕司 内野手 2,300万 -200 万

鬼崎選手も年俸ダウンです。金子とともにまだまだレギュラー争いへ食い込んで欲しいベテランです。

大崎 雄太朗 外野手 2,300 -100 万

代打の切り札としてだいぶ板についてきた大崎。100万減ですが来年は竹原との競争にも勝ち、ポジションをキープして欲しいと思います。

人気記事→ 2016年 年俸ランキング ~ 一億円プレイヤーの一覧 

投手編 ~ 埼玉西武ライオンズ ピッチャーの契約更改

岸 孝之 投手 2億2500 現状維持

今シーズンはイマイチだった岸投手。3年契約のために現状維持です。

牧田 和久 投手 7500万 現状維持

牧田投手、現状維持です。プレミア12ではもっと牧田投手を使って欲しかったな。

野上 亮磨 投手 5800 +1300万

先発ローテーションの野上投手は5000万円を超えました。長く活躍しているイメージでしたがようやくなのですね。

菊池 雄星 投手 5500万 +1700万

大器菊池投手は10勝および勝ち越しこそ成りませんでしたが防御率が2点台とまずまずの結果に終わりました。1700万増です。大ブレイクして欲しいところです。

十亀 剣 投手 6000万 +2300万

十亀選手はチーム最多の11勝を上げました。確実にローテーションに食い込んでますね。オールスターにも出たし来年も引き続き活躍が期待されます。

高橋 朋己 投手 5800万 +2,300万

守護神に勝ち継投に大活躍な一年でした。世界野球WBSCプレミア12のメンバーに入っていましたが、骨折により離脱したのが残念です。しっかり治療して来年に備えてほしいですね。

増田 達至 投手 7,000万 +4,000万

増田投手は今シーズン72試合登板で最多ホールド、最優秀中継ぎ賞のタイトルを獲得しました。なっとくの倍増以上の契約更改となっています。

★2016年シーズンの各球団の契約更改情報

東京ヤクルトスワローズ 2015-2016年 契約更改 

読売ジャイアンツ 2015-2016 契約更改

阪神タイガース 2015-2016年 契約更改

広島東洋カープ 2015-2016年 契約更改

中日ドラゴンズ 2015-2016年 契約更改

横浜DeNAベイスターズ 2015-2016年 契約更改

福岡ソフトバンクホークス 2015-2016年 契約更改 

北海道日本ハムファイターズ 2015-2016年 契約更改

千葉ロッテマリーンズ 2015-2016年 契約更改

西武ライオンズ 2015-2016年 契約更改

オリックス・バファローズ 2015-2016年 契約更改 

東北楽天ゴールデンイーグルス 2015-2016年 契約更改

 

   

埼玉西武ライオンズ レディースユニフォーム (ネイビー)

埼玉西武ライオンズ レディースユニフォーム (ネイビー)

 

 

  

(ベースボールジャンキー)Baseball Junky ライオンズジャンキーたてがみパンディアーニくん

(ベースボールジャンキー)Baseball Junky ライオンズジャンキーたてがみパンディアーニくん