KCJK 気になる調査と実践の記録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

横浜DeNAベイスターズ 2015-2016年 契約更改 ~ 筒香嘉智、梶谷隆幸、山崎康晃、三浦大輔など注目選手の年俸と成績を振り返る。

野球 横浜DeNAベイスターズ 契約更改

ストーブリーグまっさかり。オフシーズンは契約交渉の話題で盛り上がりましょう。横浜DeNAベイスターズの契約交渉も着々と進んでいます。

2015年、ベイスターズにとってもはとても印象的な、忘れられない年になりました。なんと交流戦開始時まで貯金を10ほど作っての単独首位。2014年シーズン後半の好調がそのまま維持されて期待通りの強さを見せてくれました。

しかし、悪夢の交流戦から連敗に連敗を重ね、転がり落ちるように負け続けました。天国だったスタートダッシュと地獄を両方味わったことと思います。

そんなベイスターズは契約交渉が楽しみなチームでもあります。筒香嘉智、山崎康晃といった若手戦力の台頭が目立つシーズンでした。良い所があった選手はたくさんいます。おそらく年俸も増加するのではないでしょうか?

ベイスターズの契約更改。注目選手の年俸はどうなるのか? 主な選手の契約更改について、短評を交えながら感想を綴っていきます。なお、年俸は報道発表による推定です m(_ _)m

それでは打者(野手)から見ていきましょう。 

打者編 ~ 横浜DeNAベイスターズ 野手の契約更改

ホセ・ロペス 内野手 15,000万 現状維持

2年間主砲を務めたブランコ選手に代わり、巨人でプレイしてチーム事情から自由契約となったホセ・ロペス選手を獲得しました。この補強はぴったりハマりました。ブランコのパワーとキャラが好きだったので心配していましたが、攻守に渡りチームを支える屋台骨となりましたね。ロペスがいなかったら守備がもっと崩壊していた・・・恐ろしい。2年契約のため現状維持です。

筒香 嘉智 外野手 10,000 +5,400万

1月19日 ようやく契約更改です。当然の1億ですね。ジャストじゃなくてももう少しオーバーしても良い格の選手かなとも思う。オフシーズンも野球漬け、来年は怪我に気をつけてさらなる活躍を期待です。

大台到達!! プロ野球 2016年 年俸ランキング ~ 一億円プレイヤーの一覧 

石川 雄洋 内野手 7,000万 1,000万

今シーズンFA年でしたが、横浜愛に強い石川雄洋選手は残留を決めてくれました。残念ながら今季は後半怪我により離脱してしまいました。その間感じたのはやはり石川雄洋が必要だということ。FA分も含めてか1000万アップで契約です。

梶谷 隆幸 外野手 8,300万 +3,700万

今季も大活躍の梶谷隆幸選手は当然の年俸増です。打率は梶谷への期待としてはちょっと物足りないもののリーグ首位の得点圏打率.352を残し殊勲打や決勝打が多かった。そして守備面での貢献も絶大でした。ゴールデングラブ賞、ベストナインともに4位とあと一歩でしたが、実力はしっかり評価されているということでしょう。来年はどのような梶谷が見れるのか? ロマックの加入で1,2番が打てるようになると面白いと思います。

筒香 嘉智 外野手

注目の筒香嘉智選手。今年も順調に活躍を重ねました。ヒット量産の安定感はすばらしかったです。WBSC世界野球プレミア12でも後半から4番を務めたのは記憶に新しいところです。現状4600万。億超えが期待されます。注目の契約更改はこれからです。

荒波 翔 外野手 4,000万 現状維持

荒波翔選手は現状維持でした。出場機会数は減っていますが、出た試合の貢献度は大きかったと思います。チームが不調な時に荒波選手がいればと思うことは良くありました。センター荒波で固定できればかなりチームとして強くなると思います。来季は再びのレギュラー出場を期待しています。

山崎 憲晴 内野手 2,200万 -600万

昨年はレギュラーだった山崎憲晴選手。倉本選手の加入により遊撃手の競争が激化して今年は出場機会を大きく減らしました。チーム事情とはいえもっと活躍するところが見たかった。来季も厳しい争いになると思いますが明るく好きな選手ですので頑張って欲しい。

内村 賢介 内野手 2,200万 -600万

内村賢介選手。今季は昨年よりは出場試合数を増やしましたが、打率.179と低迷しました。一時はヒットが出ずにヤキモキしたものです。もっと存在感を放って欲しいと思う選手の一人です。

後藤 武敏 G. 内野手 2,200万 現状維持

後藤武敏ゴメス選手。今年も代打で存在感を見せました。ホームラン4本の数字はさすがだと思います。オ・スンファンから2試合連続というのもありましたね。来季は再び意味のわからない改名をするそうで「後藤G武敏」になるそうです(笑)

黒羽根 利規 捕手 2,600万 現状維持

昨年の正捕手も今年はふたたび競争に晒されました。今年は昨年よりも出場機会が大きく減りましたが現状維持です。黒羽根好きだから頑張ってほしいなー。

下園 辰哉 外野手 2,300万 現状維持

外野や代打でかなりの活躍をみせてくれた下園選手。打撃成績が実は良かった。毎年コンスタントな活躍を見せますね。でも現状維持というのも下園らしいかも。

白崎 浩之 内野手 2,000万 +150万

倉本選手とショートのポジションを争いました。謎のパンチ力がありホームランを量産しています。もう一皮向けて欲しい選手ですね。

松本 啓二朗 外野手 1,500万 +150万

下園、井手に次ぐ3番手といったベテランサブの松本選手。一軍帯同日数が評価されたのか150万増です。いよいよ若手が入って競争が厳しくなるだけに来年は勝負になりそうです。

倉本 寿彦 内野手 1,600万 +400万

ルーキー倉本選手。守備を買われての出場が多かったですね。しっかり評価されての増額です。今年後半に見せた確実なバッティングをモノにすればさらに飛躍しそうです。

井手 正太郎 外野手 1250万円 +100万

5月のチーム好調時に数多くの殊勲打を挙げた井手正太郎選手。ちょっと少ないような気もしますが100万増です。来年もかならず一軍に昇格して1回は延命力を発揮してほしいと思います。

桑原 将志 外野手 1,300万 +200万

かなり使われる機会が多かった桑原選手。200万増です。おそらくチームの契約更改の方針として数字が悪くても出場機会は評価するというのがありそうです。外野の競争は激しいですが、来年も食い込んで欲しい選手です。

柳田 殖生 内野手 1,100万 +50万

内野のユーティリティ、柳田選手は50万円増で更改です。

高城 俊人 捕手 1,300万 +300万

強肩強打の高城選手。今年は数多くの試合でスタメンマスクをかぶりました。300万増です。新しい光山バッテリーコーチのもとトレーニングを積んで精度を上げて、来年も活躍してほしですね。

嶺井 博希 捕手

嶺井選手も大きく出場機会を増やしました。とくに後半はスタメンをはる機会が多かった。黒羽根、高城にくらべてバッティングが強いと思います。その点でアドバンテージが出せるか? 来年も楽しみな選手です。

宮崎 敏郎 内野手 1,200万 +350万

今季は58試合に出場。打率.289と数字を残しました。350万増でした。かなりバッティングの良い選手です。反面守備が不安ですが・・・、好きな選手だけに来年も1軍に居続けて欲しいですね。

飛雄馬 内野手 1,000万 +390万

関根 大気 外野手 1,050万 +450万

乙坂 智 外野手 1,050万 +460万

飛雄馬、関根、乙坂は球団売り出しの若手、しっかりと評価され年俸を伸ばしています。ただライバルが多いので一歩抜けるにはどうするか? 来季に期待の選手たちです。

残すところは筒香選手ですが1月半ばすぎてもまだ音沙汰ありませんね。もめるということは無いでしょうけどね。

投手編 ~ 横浜DeNAベイスターズ ピッチャーの契約更改

三浦 大輔 投手 12,500万 -1,000万

ハマの番長、三浦大輔は山本昌らの引退により一気に球界最年長になりました。今年も一番安定感があったのが三浦大輔でした。登板間隔を守りさえすれば十分に通用することを証明してくれました。6勝6敗。チーム2番め勝ち星。コーチ兼任で来季は1億2500万での更改です。

ギジェルモ・モスコーソ投手 

これから契約交渉です。今年は怪我の影響をもろに受け成績が下降しました。来年はいかに。

久保 康友 投手 12,000万 現状維持

今季は8勝7敗、2軍落ちするシーンも何度かありましたが終わってみるとチームトップの勝ち星ですね。当然の現状維持でしょう。隔年っぽいところがあるので来季は大活躍必至です。

山口 俊 投手 8,000万 -800万 

今期期待されながら、後半まったく勝てなかった山口俊選手。突如コントロールが乱れるシーンが目立ちました。ランナーを背負ったら一気に怪しくなるところをなんとか修正して欲しいですね。年俸は800万ダウンの8000万。来年は二桁勝って大台に乗せて欲しいと思います。

山崎 康晃 投手 5000万 +3500万

チームの新しいスター、山崎康晃投手。抑えとして新人セーブ記録を塗り替えるなど大車輪の活躍を見せました。プレミア12の日本代表にもルーキーながらただ一人選ばれています。当然の5000万に乗せています。これでチームでもかなり上位の年俸になりますね。

長田秀一郎 投手 4500万 +300万

長田投手は中継ぎの要のような役割でした。メンタル的に不安定な投手が多い中、動じない投球が持ち味。今シーズン見せた巨人村田選手への渾身のど真ん中ストレートは記憶に残るものだと思います。FA権もありましたが残留です。

林 昌範 投手 4100万 現状維持

ブルペン投手陣のリーダー的存在、林投手。今年はちょっと活躍機会が少なかったですが3年契約の2年目で現状維持でした。

井納翔一 投手 4500万 +600万

エースになれる実力を持つ井納投手は600万増でした。今年は不運な負けも多かったと思いますが投球内容からみての増額でしょう。数字も良くなっていますで来年に期待です。是非侍ジャパン復帰を目指して頑張ってください!

高崎健太郎 投手 3900万 -600万

高崎健太郎投手は600万減。イマイチ抜け切れません。良い時のあとにすぐに炎上する印象で安定感がありません。そろそろ先発の枠的に厳しくなってくるので奮起して欲しいです。

加賀 繁 投手 2900万 -900万

加賀投手は減額。宿敵、バレンティン選手が居なかったからでしょうか?全体的に低調なシーズンになってしまいました。

大原慎司投手 2900万 -600万

大原慎司投手も減額です。ちょっと経年の疲れが出ているのかも知れません。林選手、加賀選手とあわせて頑張って欲しいところです。

三上朋也 投手 3000万 -200万

今年は怪我から一軍初登板が8月になってしまった三上投手。しかし1軍帯同後は素晴らしい安定感でした。初年度の酷使による劣化が心配されていましたが、それでも日数の少なさからか200万の減額。ちょっと残念ですね。

国吉佑樹 投手 2400万 -300万

期待の大器。国吉投手。今年は緊迫した場面で暴投などメンタルの弱さが伺えました。ビハインド時は鬼のような圧巻の投球をするから不思議です。来年は先発にトライとの報道が出ています。先発向きではあると思うので期待はします。

平田真吾 投手 1300万 +150万

平田投手はちょっと不運な形です。ファンから必要以上に憎まれる位置のような気がしないでもありません。球団はしっかりしているようなので来年もめげずに頑張って欲しいです。応援しています。

田中健二朗 投手 1800万 +650万

今年前半の快進撃は田中健二朗投手の力が大きかった。初のオールスターにも選ばれる躍進でした。離脱後に一軍に再登録されることがなかったのが気になりますが、来年も万全で活躍して欲しいです。

ベイスターズの査定方法は特徴的で、一軍帯同日数が評価項目にあるようです。成績の数字的なものよりもそっちをきちっと評価する方針なのかも。ともかく来年は絶対優勝なんだ (*^◯^*)  

プロ野球 2016年シーズン 開幕戦 ~ 横浜DeNAベイスターズのスタメンと開幕投手予想 

★2016年シーズンの各球団の契約更改情報

東京ヤクルトスワローズ 2015-2016年 契約更改 

読売ジャイアンツ 2015-2016 契約更改

阪神タイガース 2015-2016年 契約更改

広島東洋カープ 2015-2016年 契約更改

中日ドラゴンズ 2015-2016年 契約更改

横浜DeNAベイスターズ 2015-2016年 契約更改

福岡ソフトバンクホークス 2015-2016年 契約更改 

北海道日本ハムファイターズ 2015-2016年 契約更改

千葉ロッテマリーンズ 2015-2016年 契約更改

西武ライオンズ 2015-2016年 契約更改

オリックス・バファローズ 2015-2016年 契約更改 

東北楽天ゴールデンイーグルス 2015-2016年 契約更改

 

(ベースボールジャンキー)Baseball Junky プレイボールシリーズ横浜(半袖TEE) BBJ0048 57 ブルー M

(ベースボールジャンキー)Baseball Junky プレイボールシリーズ横浜(半袖TEE) BBJ0048 57 ブルー M

 

 

梶谷隆幸 横浜DeNAベイスターズ 2016年 カレンダー 壁掛け B2

梶谷隆幸 横浜DeNAベイスターズ 2016年 カレンダー 壁掛け B2

 

  

オフィスシン ディビースターマンビーフカレー 200g

オフィスシン ディビースターマンビーフカレー 200g