読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

東京ヤクルトスワローズ 2015-2016年 契約更改 ~ 山田哲人、川端慎吾、畠山和洋、小川泰弘など注目選手の年俸

野球 東京ヤクルトスワローズ 契約更改

12月になりプロ野球の契約更改がどんどん進んでいます。セリーグ優勝した東京ヤクルトスワローズも他球団よりはペースが遅いですが、徐々に契約更改や補強のニュースが入ってきています。

今年は昨年から引き続き打線が好調であったのと、ピッチャーが思っていた以上に立て直せて順当に優勝へつなげたイメージがあります。優勝したことで年俸がどのように増えるのか? とても気になるところです(笑)

注目の契約更改はどうなるのか? トリプルスリー山田や残留を決めた畠山などの年俸はいかに? なお、高額年俸選手は上手く複数年契約を使ってるんですよね。それほどまで総額は跳ね上がらないのではという予測ですがどうでしょうね。

スワローズの主だった選手の契約更改について、短評を交えながら感想を述べていきます。まずは打者(野手)から見ていきたいと思います。

年俸は報道発表による推定です m(_ _)m

打者編 東京ヤクルトスワーローズ野手の契約更改

バレンティン 外野手 3億 現状維持

バレンティン選手。昨年行った手術後、明らかに調整不足のまま一軍の試合に出場し、その日に両太腿も痛めて再度離脱し手術という散々な一年でした。年俸は3年契約3年目のため据え置きで現状維持です。

復帰初戦ではさすがなところを見せましたがその後はポストシーズンを含めていいところがありませんでした。ちょっと心配ではあります。バレンティン抜きでここまで打った打線は恐ろしいですが、バレンティンが居るとさらに楽になると思います。来季の復活、期待です。

大引 啓次 内野手 1億 現状維持

日本ハムファイターズよりFA移籍初年度の大引選手。前半戦はあまりの打撃の不調にかなり不安になりましたが、徐々にアジャストしていき上げていきました。それでももうちょっと出来た気がする内容ですが。

一方守備力については間違いない大きな貢献を果たしました。結果的には怪我による離脱があったにもかかわらず遊撃手で一番のスタメン出場となりました。年俸は3年契約で据え置きです。来年も貢献してくれそうです。

つづいて今年の目玉の3人です。

畠山 和洋 内野手 1億3千万 4000万増

打点王のタイトル、FA取得も残留ということで年俸高騰が期待される選手だったのですが・・・

→ わずか4千万増に留まりました。優勝もしてFAもせずタイトルを取得してこれとは少し安すぎる気がします。ソフトバンクの選手に比べると・・・うーん。

川端 慎吾 内野手 1億6000万 +7500万

現状8,500万円、これから交渉です。

川端選手は首位打者のタイトル獲得です。リーグを代表するサードですね。通年で活躍できるようになったのも大きいと思います。こちらも契約更改が楽しみな選手の一人

→本交渉結果 1億6000万

大台を大きく超えて1億6000万でした。首位打者への評価と。順調に行けば来季FA権を取得を見込んで4年契約にサインした形です。スワローズが似合うのでこれはいいかも。

山田 哲人 内野手 2億2000万円 +1億4000万

現状8,000万です。

問題はこの人です。トリプルスリー。ホームラン王なのですが・・・

事前交渉では予想を下回る提示を受けて「ショック」という報道が入ってきました。おそらく倍増の複数年を提示されたのだと思います。2億に届かないところか。気持ちは分からないでもないですが、ヤクルトにそれだけ払えるのか?というプロ野球ファンとして複雑な思いもありますね。 本交渉が楽しみです。

→ 本交渉結果!! 2億超えです!

トリプルスルーの評価はすさまじかったです。なんと予想外の2億円プレーヤーに!素晴らしいですね。背番号はついに1を継承。青木宣親本人が渡すというサプライズがありました。

渋く優勝を支えた選手たち

雄平 外野手 6500万 +500万

不調もあったなか雄平選手は今季も140試合超に出場。ちょっと物足りない数字ではありましたが、さすがですね。

田中 浩康 内野手 6,500万 -1,000

田中浩康選手はFA権行使せずの残留ですが、1000万のダウンとなりました。山田台頭のあおりを受けて外野に挑戦した今季。しかし82試合.201という低調な結果に終わりました。個人的には宣言して、他球団で出場機会を得たほうが良いと思うのですが・・・

厳しくなる競争を勝ち抜けるか? 復活に期待です。

飯原 誉士 外野手 2,700 -800万

飯原選手、10年目にして最も少ない試合数となってしまいました。靭帯損傷という大怪我を負ってしまい、チーム優勝も自身がいない状況では素直に喜べないと思います。年俸は800万円の大幅ダウン。

鵜久森、坂口の加入で厳しい競争になりますが、怪我をケアして試合に出てほしいですね。

上田 剛史 外野手  2,500万 +100万

上田選手、今年は出場試合数こそ減ってますが82試合 打率.263 19打点とまずまずな活躍だった思います。正直優勝したのに100万増というのは渋すぎ・・・。他球団だとこのクラスの選手、もう少しもらえると思うのですが・・・ 

離脱があったものの、後半はスタメンも多くかなり貢献していただけに意外な結果でした。奮起して球団を合っと言わせてほしいですね。応援します。

比屋根 渉 外野手  2,000万 +500万

比屋根選手、コンスタントに活躍する好きな選手です。契約更改のエピソードが微笑ましくて、2000万円到達で「クレジットカードを作りたい」という一面を見せてくれました。月10万円のお小遣い制だったとは・・・。来年も頑張ってください!

三輪 正義 内野手 2,000万 +400万

三輪選手もコツコツ頑張る良い印象の選手です。今年は87試合出場で守備固めや代走など大きく貢献したと思います。一軍にずっといたことが評価されてのアップですね。

荒木 貴裕 内野手 2,000万 +450万 

荒木選手も今年優勝に貢献した選手です。73試合と自己最多の出場。打率.253と数字も残しています。きっちり+450万の上昇です。

で上田選手以降の4選手ですが・・・正直優勝にしては渋すぎないですかね? と思わないこともない。この辺りの選手の活躍が大きかったと思うんですが・・・。山田資金捻出が必要なのでしょうか? 意外なほど年俸が伸びてません。

投手編 東京ヤクルトスワローズ ピッチャーの契約更改

人気記事 2016年 年俸ランキング ~ 一億円プレイヤーの一覧 

成瀬 善久 投手 20,000万 現状維持

今季スワローズへ移籍した成瀬投手ですが、期待には添えずの活躍でした。とりあえず契約は3年契約なので現状維持。いつにも増して飛翔が多かったですね。このままでは終わって欲しくない奮起して欲しい投手でうs.

石川 雅規 投手 2億 +2000万

石川投手は今シーズンも安定した仕事を見せてくれました。ついに2億円に到達です。素晴らしい!通算144勝129敗の堂々たる成績。淡々と仕事を続けるイメージの石川投手なら長くプレーしてくれそう。ひょっとして200勝もあるかも知れません。

オンドルセク 投手 1億4000万

未更改

館山 昌平 投手 1億2000万 +3000万

館山投手!またしても手術からの復活で先発としての仕事をしてくれました。素晴らしい。後半から勝ち星を連発し、チームの優勝に貢献したことが大きく評価されての3000万増ですん。

小川 泰弘 投手 1億 +3500万

小川投手はルーキーシーズン以来の二桁勝利でした。3年分の働きが評価されて1億円の大台に到達しました。

秋吉 亮 投手 6800万 +3600万

秋吉亮投手は大車輪の活躍でした。なんと74試合に登板して6勝1敗。困ったら秋吉!という感じでした。その実績が評価されて倍増以上の年俸を勝ち取っています。ちょっと投げ過ぎが心配になってきますけど、しっかりケアして来年に備えてほしいです。

プロ野球 2016年 開幕戦 ~ 東京ヤクルトスワローズのスタメンオーダーと開幕投手予想 

 

  

     

東京ヤクルトスワローズ 2015セントラルリーグ優勝記念オフィシャルDVD

東京ヤクルトスワローズ 2015セントラルリーグ優勝記念オフィシャルDVD

 

   

 ★2016年シーズンの各球団の契約更改情報

東京ヤクルトスワローズ 2015-2016年 契約更改 

読売ジャイアンツ 2015-2016 契約更改

阪神タイガース 2015-2016年 契約更改

広島東洋カープ 2015-2016年 契約更改

中日ドラゴンズ 2015-2016年 契約更改

横浜DeNAベイスターズ 2015-2016年 契約更改

福岡ソフトバンクホークス 2015-2016年 契約更改 

北海道日本ハムファイターズ 2015-2016年 契約更改

千葉ロッテマリーンズ 2015-2016年 契約更改

西武ライオンズ 2015-2016年 契約更改

オリックス・バファローズ 2015-2016年 契約更改 

東北楽天ゴールデンイーグルス 2015-2016年 契約更改