KCJK 気になる調査と実践の記録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

読売ジャイアンツ 2015-2016 契約更改 ~ 杉内俊哉、阿部慎之助、菅野智之、坂本勇人など注目選手の年俸は?

野球 読売ジャイアンツ 契約更改

プロ野球の契約更改も12月に入りいよいよ本格化です。

各球団ごとにこれまでの契約更改の状況について振り返ってみたいと思います。

まずは高額年俸が多い巨人、読売ジャイアンツから振り返りましょう。

12/10 杉内投手の更改がありました。衝撃の球界最高減額幅です。

読売ジャイアンツ契約更改 打者編

チームは3年連続のセリーグ優勝を逃し、2位となりました。これまで優勝を積み重ねてきたから当然なのですが、高額年俸選手たちがたくさん存在し複数年契約している状況。それが年俸ほど働かなかった印象です。コストパフォーマンスがよくない。

(金額は報道発表による推定)

まずは打者=野手から行きましょう。

阿部慎之助 3億2600万 ▼1億8400万

今年は打棒に専念するためにファースト登録。万一の時にも捕手復帰は無いと名言されていたが、チーム事情ではあっさり捕手復帰というシーンがありました。成績は過去ワーストクラスに悪かったです。二年前、日本球界6億円をもらった阿部慎之助選手でしたが2年連続のダウン。今年は制限限度額いっぱいの40%ダウンでした。

怪我がなければ捕手として安定しているのは阿部選手が一番。ファーストが思った以上によくない。来年はこの流れを食い止めてほしいですね。

村田 修一 3億 (現状維持)

村田選手正直なところ残念な成績でした。不振というにはあまりに長すぎる。例年帳尻をあわせるように活躍する月があるのですが、最後まで安定しませんでした。打率.233 12本塁打は全くもって物足りません。

不調なわりに助っ人や脅かす選手の不在から出場機会があった状況です。来年は岡本やサード外国人との競争が激しくなるのか? 厳しい見かたですが、高橋由伸監督は調子通りに選手を評価して起用する監督なのか? きになるところです。

複数年契約の妙で3億円の現状維持です。来年は奮起してほしいです。衰えるにしてはあまりに早すぎます。

坂本 勇人 2億5000万 △3000万

主将に任命された坂本選手。今年は連続出場はなりませんでしたが、攻守にチームを支える活躍を見せました。ただ打撃はもう少し打って欲しいですね。コンパクトにまとまりすぎてます。もう一段上の活躍ができると思ってるんですがね。

実は坂本選手国内FA年です。それもあってか3000万円増という評価でしょう。変動制の複数年契約でサイン。

長野 久義  1億7500万 ▼2500万

6年目ここまで順調に年俸を上げてきた長野選手でしたがついにダウンです。正直外野手としては打撃が物足りなかった。打率.245はワーストの成績です。チームの中ではマシに見えてしまいますが他球団の外野手に比べて評価出来るものではありません。

怪我がちなようで膝と肘が万全の状態ではないようです。それでも他にいないたいめ使われるていたように見えます。次のシーズン、かつての成績に戻るのか?注目です。

片岡 治大 8600万 ▼900万

巨人2年目ですが、今シーズンは故障の影響で長期離脱がありました。巨人選手全員の課題ではあるのですが、打撃成績が軒並み低下しています。片岡選手が言うには「巨人にきて2年間何もしていない」と厳しく引き締めていますが、それでも他の選手よりは仕事をしているのではないか?とも思います。盗塁も21個ありますし。

因果なもので片岡FA時に補償で西武へ移籍した脇谷選手が帰ってきます。場合によってはセカンドのポジション競争になるかも知れません。片岡選手にも奮起を期待します。

亀井 善行 7000万  △1000万

亀井選手は今年4番を打つなど久しぶりに一軍で多くの試合にでたシーズンでした。海外FA権保持者であり、複数年契約を打診されていますが、単年契約で勝負するそうです。高橋由伸選手のちからになって欲しいですね。

鈴木 尚広 6000万  △1000万

ジャイアンツが誇る走塁のスペシャリスト。鈴木選手は今年オールスターゲームにも出場しました。球界にもこれまで塁を見ないタイプの選手で見ていて楽しい選手です。そして38歳にしてここでキャリア最高の年俸となりました。

若干盗塁失敗のシーンや帰塁失敗もあり、ちょっと衰えを感じるところもありましたが来年も鈴木選手の足で撹乱するシーン、多く見たいと思います。

相川 亮二 5500万 ▼500万

FAしてきた相川選手。小林選手育成のためのバックアップとしての獲得のはずが、今シーズンは2度に渡る怪我がありました。4月上旬の肉離れで1ヶ月以上離脱、7月末の手首骨折でシーズン終了まで離脱ということで不本意な形でした。

来年阿部慎之助が捕手併用という噂もあるなか、39歳になる相川選手がどれだけ結果を出せるか? 小林に目の前で見せて欲しいと思います。

實松 一成 3700万 (現状維持)

実松選手は現状維持です。相川選手の怪我により出番があるかとおもいきや22試合にとどまりました。この人もしぶとくチームに貢献する松坂世代のベテランです。来年も正捕手は安定しそうにないので、今年以上に出番をつくって活躍して欲しいと思います。

立岡 宗一郎 3600万 △2700万

今シーズン大ブレイクした立岡選手。打低ですっきりしないチーム状況のなかこの人だけは安定してヒットを打ってました。後半戦はセンターでスタメン、一時の確変ではなくシーズン通しての活躍となりました。規定打席未到達ながら打率.304。

当然ながら年俸も跳ね上がることになりました。納得ですね。

加藤 健 3600万 △1300万

加藤選手。17年目でキャリアハイの35試合に出場。よくここまで生き残ったともいえますね。阿部が捕手を下りても3番手、相川、小林の台頭で巨人捕手は競争が激しくなっている。正直かなり評価が高くて驚きました。プロ初の猛打賞も今年なんですよね。来年も群雄割拠状態の巨人捕手。そうそう小林できまりでもないでしょうから頑張ってほしいところです。

寺内 崇幸  2600万 ▲600万

今シーズンは不本意な成績だった寺内選手。去年と同じく怪我に泣かされました。チーム事情てきにチャンスでもあったと思うのですが、ここぞで定着できずといった感じですね。来年もチャンスはあると思います。今年以上に奮起して怪我せず一軍定着を目指してほしいです。

小林 誠司  2600万 △100万

期待されていて将来を担う男として積極起用されたわりにまだ芽が出ずといった小林選手。2年目はもっと良い成績を期待してしまうのですが、じっくり待つべきなのかも知れません。

上に相川、加藤、實松の出番があったのも小林が予定ほど試合に出なかったからです。球団からの指示は正捕手獲得厳命。ただマスクを被った試合の成績自体は悪くはない。我慢して小林選手を使い続けることも必要なのではないでしょうか?

堂上剛裕  2500万  △1000万

中日から戦力外となり、育成契約で入団した堂上選手。2月に支配下登録。しかし残念な骨折があり出遅れるも5月から復帰。マエケンからのヒットには驚きました。戦力外から這い上がってここまで上手くいくのだから面白いものです。

本人も凄まじい思いで野球に没頭した結果だと思います。来季も頑張ってください!

脇谷 亮太 2400万 FA

人的補償選手初のFA移籍。古巣巨人に帰ってきた脇谷選手。正直年俸が格安だと思いますね。内野のポジションどこでもこなせるのも魅力です。今ならチャンスが多いですし。いったん離れても必要とされるというのは傍から見ていても嬉しいものがありますね。

松本 哲也  2400万 ▲600万

立岡の台頭と不調が重なりあまり活躍できなかった今期。大幅な年俸減となりました。立岡や橋本との競争となる外野のユーティリティの座を勝ち取って欲しいと思います。

大田 泰示 2100万 △300万

永遠の期待の大器である大田泰示。2軍では結果を出すのですが、1軍にはいると最初は爆発するも、すぐにコンパクトで小さくまとまってしまう。今シーズンもそんな傾向がありました。今季は60試合で打率.277、1本塁打、3打点。打率はよかったですが、もっとホームランを打ってほしいですね。

吉川 大幾 1700万 △1150万

堂上と同じく中日を戦力外となり巨人入りした吉川。47試合に出場し、打率2割5分、0本塁打、4打点でした。かなり印象がよかったようで大幅増となっています。若いながら新天地に来ることになり色々と大変だったと思いますが結果が出てよかった。来年はさらなる飛躍で中日をあっと驚かせて欲しいですね。

中井 大介 1400万  ▲200万

今期はなんと4番を努めました。4番中井の衝撃。しかし4番に座って以降はあまり活躍できませんでした。残念ながらの減俸。さらに再び脇谷が復帰することでユーティリティプレイヤーの競争が激しくなります。4番に座るほどの打棒があるのは確かなので競争を勝ち抜いてほしいですね。

藤村 大介 1125万 ▲375万

2011年の盗塁王藤村選手。しかし近年は活躍できず年俸ダウンの流れがつづいています。今シーズンは一度も一軍出場がありませんでした。ライバルも増えています。藤村の足が生きるとしたら鈴木の後継かも知れません。もっとも鈴木自体、唯一無二の存在なので軽々と代替わりできるわけではないです。しかし足をとっかかりに生き残る道を選んで欲しいですね。

つづいて投手編です。

投手編

人気記事 2016年 年俸ランキング ~ 一億円プレイヤーの一覧 

杉内俊哉 5000万 -4億5000万

杉内俊哉投手は球界史上最高の減俸幅です。4億5千万の減俸。小笠原道大の記録を超えることになりました。4年契約の4年目はわずか6勝でした。気になるのが杉内の受けている右股関節手術です。本人も理解したうえでの減俸。復帰が難しいとのことですが。あせらずじっくり直して欲しいと思います。復活を祈ります。

内海 哲也 4億 現状維持

内海哲也投手は4年間の大型複数年契約を結んでおり、来年が4年目で現状維持での更改です。

2015年シーズンは昨シーズンに引き続き不本意なシーズンとなりました。昨シーズンは勝ち運のなさが酷かったように見えましたがやはり不調、もしくは衰えだったのでしょう。

今年は開幕2軍で6月に一軍初登板でした。しかしこのころから足を吊るようになります。最初の試合は4回という早い段階だったのでかなり心配でした。結局今期は5試合のみ登板。2勝1敗でした。エースの復活、来年は契約に文句言う余地がないくらいの活躍を期待したいです。

 

報知ジャイアンツカレンダー2016 ([カレンダー])

報知ジャイアンツカレンダー2016 ([カレンダー])

 

 

山口 鉄也 3億2000万 現状維持

山口鉄也投手。2012年、2013年に残した圧倒的な成績が忘れられず、今年は調子がわるいのか?もう駄目なのか?という意見も散見されましたが、終わってみると60試合に登板で防御率2.73という十分な成績だった。

それにしても8年連続60試合登板は凄いです。まさに鉄腕ですね。3年10億越えとされる複数年契約を結んでいるため現状維持での更改。まだまだ山口投手の代わりとなる選手は見つかりません。来年も頑張って欲しいと思います。

菅野 智之  1億3000万 △2000万

防御率1点台ながら10勝11敗と負け越してしまった菅野投手。はっきり言って菅野投手だけの責任ではなくあまりの援護運のなさというか打者の不甲斐なさを感じます。本来ならばもう3勝くらい出来て負けと入れ替わってても良い。

意外なほど年俸も伸びなかった印象です。ただ今年後半とポストシーズンは打ち込まれていた印象があるのでやっぱ妥当なのでしょうか? 評価に困ります。もちろん来季もこの防御率を維持すればよほどのことが無いかぎり勝ちはついてくると思います。間違いなく球界トップクラスの力を持った投手。来年の登板が楽しみです。

西村 健太朗  1億3000万 現状維持

今年はファームで顔面にボールがぶつかるという事故があり入院もした西村投手。今年は思うようなシーズンではなかった。9月上旬には右肘のクリーニング手術を受けています。複数年契約ということで現状維持ですが、今年のような状態だと厳しいです。割合原監督には厳しく当たられていたので、監督が変わることでメンタル的な気負いなどが消えてかつての投球を取り戻してほしいですね。

オフは自主トレを田口投手と行うようです。なんかこの二人のコンビいいですね。和む感じが・・・

澤村 拓一 1億  △5200万

意外なことに澤村投手は今シーズン4800万の年俸だったのです。先発から思い切って抑えに転向した今期に結果を出して、ついにようやく一億円プレーヤーとなります。

抑えに転向して1年目の今季は60試合に登板して7勝3敗。36セーブ、防御率1.32と完璧な成績でした。本人は抑えとして生きていく覚悟がきまっているようです。来季も豪速球でねじ伏せる澤村が見たい!

大竹 寛 1億 現状維持

大竹投手は今年3勝4敗と散々な成績でした。移籍二年目。結果を出すことができませんでした。これで通算成績が86勝88敗(ちょっと負け越しが先行に!)。

もう一度昨年なみのらしい投球をして欲しいと思います。巨人も先発のコマが安泰ではありません。大竹投手がローテ4番手あたりをキープする必要があります。来年はもっと頼みます。

高木 勇人 4200万  △3000万

ルーキー高木勇人投手。250%大幅増でした。先発の一角として9勝ですから当然のないようですね。ただ慣れてきてから打ち込まれるシーンも目立ったので課題はあります。来年が正念場だと思います。勢いをつけて来シーズンに望んで欲しいと思います。キャラクターは天然なのか好きです。

香月 良太 3900万  ▼700万

移籍3年目の香月良太投手。今年は移籍後もっとも良くないシーズンとなってしまいました。年俸は700万ダウンです。中継ぎには戸根千秋や宮國が台頭してきています。競争が厳しくなっています。まだまだ活躍できると思いますので一軍出場を増やしてほしいですね。

小山 雄輝 2800万 ▼700万

コツコツと登板機会を増やしていき、昨年2014年シーズンはキャリアハイの6勝を上げた小山雄輝投手。しかし今シーズンは目標の二桁勝利はおろか0勝に終わってしまった。来季も先発ローテーションを目指して食い込んできて欲しいですね。

高木 京介 2800万 △700万

高木京介投手には継続中の日本記録があります。2012年のデビューから139試合連続負けなしの日本記録です。地味に凄い。

33試合登板、1勝0敗、防御率2.20の素晴らしい成績を残しています。本人的にはもう少し登板を増やしたいとのことで燃えています。記録がが途切れるようなヒリヒリする場面で投げれるようにも頑張って欲しいところです。

戸根 千明 2400万 △1200万

戸根千明投手はルーキーながら、開幕からフル回転でした。中継ぎで46試合登板。防御率2.88はすばらしいですね。本人もホクホクの倍増でした。研究が進んだ来年どうなるか?度胸がありそうなので今後の活躍。非常に楽しみにしています。

矢貫 俊之 2200万 ▲200万

シーズン途中に矢野選手、須永選手とのトレードで巨人入りしました。巨人移籍後は3試合登板しましたが防御率13.5に終わってしましました。リリーフとして山口やマシソンの負担を軽くする存在になれるように、再び活躍して欲しいです。

宮國 椋丞  1900万 △700万

宮國投手、かねてから先発として期待されてきた選手ですが、今年は中継ぎで結果を出しました。本人としては大きい一年だったのではないでしょうか? 39試合登板、防御率2.94は素晴らしいです。

いずれは先発になるのか? それとも今期の成功を踏襲する形で中継ぎのポジションを継続するのか? 来季も楽しみな選手です。

田口 麗斗  1800万 △1170万

田口投手にとっても飛躍の年になりました。年俸は約3倍ですが当然の活躍です。先発として13試合登板、3勝5敗、防御率2.71という成績です。正直チームのバッティングがしょぼすぎて勝ちがつかなかった試合も多かった。来年はもっと勝てるようになるといいですね。先発の柱を目指して頑張ってほしいです。上にも書いたけど西村投手との自主トレ、なんかいいコンビです。

田原 誠次 1800万 △300万

貴重なサイドスロー投手。田原選手も着々と実績を積んでいます。今シーズンは18試合登板の防御率1.00。かなり良いないようでした。怪我に気をつけて一軍登板機会を増やしてくれればと思います。

江柄子 裕樹 1230万 ▲70万

今シーズンは登板なし!

阿南 徹  1000万 ▲190万

今シーズンは登板なし!

 

公文 克彦 850万 ▲50万

二軍ではいい成績でしたが高木京介や戸根の台頭もあり、一軍登板はありませんでした。来年こそは久しぶりの一軍登板を果たしてください!

★2016年シーズンの各球団の契約更改情報

東京ヤクルトスワローズ 2015-2016年 契約更改 

読売ジャイアンツ 2015-2016 契約更改

阪神タイガース 2015-2016年 契約更改

広島東洋カープ 2015-2016年 契約更改

中日ドラゴンズ 2015-2016年 契約更改

横浜DeNAベイスターズ 2015-2016年 契約更改

福岡ソフトバンクホークス 2015-2016年 契約更改 

北海道日本ハムファイターズ 2015-2016年 契約更改

千葉ロッテマリーンズ 2015-2016年 契約更改

西武ライオンズ 2015-2016年 契約更改

オリックス・バファローズ 2015-2016年 契約更改 

東北楽天ゴールデンイーグルス 2015-2016年 契約更改

複数年契約の是非

これは常勝球団の宿命かもしれませんが、複数年契約選手のコストパフォーマンスが悪かったシーズンでもありました。杉内、内海、村田、西村、大竹などほとんど仕事をしていない選手が出てしまいました。コレを見ると巨人に行きたい選手は多そうです。

阿部 5億1000万→3億2600万 ▼1億8400万
杉内 5億0000万→ 
内海 4億0000万→4億0000万 ※複数年
山口 3億2000万→3億2000万 ※複数年
村田 3億0000万→3億0000万 ※複数年
坂本 2億2000万→2億5000万 △3000万
長野 2億0000万→1億7500万 ▼2500万
高橋 1億5000万→引退
西村 1億3000万→1億3000万 ※複数年
菅野 1億1000万→1億3000万 △2000万
大竹 1億0000万→1億0000万 ※複数年

球団として複数年は囲い込みが出来ますが、全く年俸に見合う活躍しないリスクがあります。このリスクを飲める球団は巨人かソフトバンクしかなさそうです。(ファンが飲めるかは別です)

来年はこういった外野の意見(笑)を跳ね返すだけの納得感ある成績を残してほしいと思いますね。

プロ野球 2016年 開幕戦 ~ 読売ジャイアンツのスタメンオーダーと開幕投手予想 - 気になる調査と実践の記録

Seto 読売ジャイアンツ Craft(セトクラフト) ジャビットマグカップ ファミリー
 

  

コップのフチ子 読売ジャイアンツ ボールのフチ子

コップのフチ子 読売ジャイアンツ ボールのフチ子

 

  

 

GIRL’S GIANTS 2015: 女子向け読売ジャイアンツ選手名鑑2015 (別冊JUNON)

GIRL’S GIANTS 2015: 女子向け読売ジャイアンツ選手名鑑2015 (別冊JUNON)