KCJK 気になる調査と実践の記録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

車のフロントガラスの霜・凍結を防止する方法。凍結してしまった場合の対処について。

1月、寒いです。まさに冬真っ盛り。私の住んでいる地域でも何十年かに一度の寒波が押し寄せていて毎朝がちょっとつらい。

こんな朝に車を動かすときに困るのがフロントガラスの凍結です。

パリパリに霜が降りたり凍ったりして前が見えない。とてもじゃないが運転なんて危険すぎて出来ません。しばらく出発ができなくてただでさえ忙しい貴重な朝の時間が削られてイライラMAX。

ここでは車のフロントガラスの凍結を防止する方法、そして凍結してしまった場合の対処方法について書いていきます。

「予防」と「対処」の二つの観点ですね。

フロントガラス凍結の予防

1. 車の駐車向き

すごく基本的なことですが、フロントガラスを朝日の方角に向けましょう。可能な限り朝日の昇る方向南東方面を前にして駐車すること。

同じ駐車場に停車していても何時までたっても凍ったままの車があったりします。これはたいていは向きの問題が大きいです。夜帰ってくるときに面倒でも駐車向きを考えて車庫入れしましょう。

 

2. 凍結防止カバー 

このような凍結防止シートを使用しましょう。

夜自宅に戻った時に面倒ですが掛けておくと翌朝が違います。酷い日はカバーしていても凍ってしまう場合もありますが、カバーしないよりは良い。

この製品の場合はサイドミラーの凍結防止も兼ねています。さらに夏場は日除けにも使えるというすぐれもの。

* 一点デメリットがあって、昼のうちにシートを乾かしておいたほう良いです。助手席などで乾かしながら走ったりして翌朝も使えるようにしておくこと。濡れたままだと凍結を助長したり張り付いてしまうことがありますので要注意。

 

3.フロントガラスの清掃

汚れなどは落としておきましょう。汚れた部分は水が貯まるのでそこから凍結しやすくなります。

ガラコなどの撥水コーティングも有効です。こちらは凍結防止というよりも凍結したときにはがしやすくなるというメリットです。 

SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア 超ガラコ 70ml 04146 [HTRC2.1]

SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア 超ガラコ 70ml 04146 [HTRC2.1]

 

 

すでに凍結してしまった場合の対処

ここからは既に凍結してしまった場合の対象方法です。

1. 暖気運転

とにかく暖気しましょう。エアコンをONにしてデフロスターモード=フロントガラスを温めるモードにしておく。

暖気はフロントガラスだけでなく、車全体に過度な負荷を掛けないことにも有効です。冷えきったパーツでの発進は負荷が高いです。

*ここでも注意点があります。

  1.  雪が積もっている場合はマフラーの雪を取り除いておくこと。一酸化炭素中毒の事故が毎年起きています
  2. 基本は暖気 + 解氷作業に入りますが、エンジン掛けっぱなしなので誤発進などの事故に気をつけましょう。

 

2.解氷スプレー

氷を溶かす専用スプレー、「解氷スプレー」を使いましょう。霜や氷を面白いように溶かしてくれます。

これは本当に驚きの効果なので使ったことがない方やお湯をかけている方は試してみてください。お湯をかけてるそばから凍っていく再凍結もこういったスプレー製品なら防いでくれます。

古河薬品工業(KYK) 解氷スプレートリガー 500ml [HTRC3]
 

 

3.スノースクレイパー

カー用品店で良く見る雪下ろしのスノーブラシとセットになった製品を使いましょう。解氷スプレーとスクレイパーの組み合わせがあれば、凍結してしまった際の対処はスムーズになります。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スノーブラシ STD M-9264

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スノーブラシ STD M-9264

 

 

お湯はダメ! 解氷作業でのNG

  • 熱湯をかけること。これはよく見る光景ですがNGです。フロントガラスが割れる可能性があります。
  • かけるならぬるま湯。40度くらいのものです。ただしあまりに外気が冷たい場合には見るまに凍っていきますので逆効果な場合もあります。
  • ワイパーを動かすこと。ワイパーも凍っています。ワイパーゴムの劣化につながりますので避けたほうが良いでしょう。

おわりに

やはり備えが一番ですね。シートで予防しつつ、解氷スプレーとスクレイパーを準備しておくの早いのでオススメです。