KCJK 気になる調査と実践の記録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

スマートフォンのカメラをより便利に拡張するグッズ 【レンズキット・自撮り棒・ゴリラポッド】

おすすめ パソコン

常に持ち歩くスマートフォン。用途として通話・LINE・メールと行ったコミュニケーション機能、Webブラウジングのインターネット機能、余暇を楽しむためのゲームアプリといったものが思いつく。そしてもう一つ大きな用途が「カメラ」だ。

持ち歩いているので撮りたい時に手軽に撮影できるのが大きな魅力である。画質やカメラとしての性能については賛否両論、もちろん本物のカメラに比べて不満は残るけど、補って余りあるインターネットとの連携の容易さや、記録の簡便さを考えると利点も多い。

今回は手軽なスマホカメラをより便利に楽しくするための関連製品について整理しておきたい。

  • レンズ
  • 自撮りスティック
  • 三脚・ゴリラポッド
  • リモコン
  • フラッシュ

このような観点で書いていくのでよろしくお願いします。

カメラレンズキット

まずはスマホに取り付けて拡張するタイプのレンズキットから。カメラ・レンズキットはクリップ式で取り付けが簡単。タブレットにも取り付けることができる。電気的な接続の不要なタイプなので安心。

こちらはベストトセラーのTaoTronicsのレンズキット。「魚眼レンズ」「広角レンズ」「マクロレンズ」 の3種類のレンズが付属。

ワイドレンズ:デバイスの通常視野のほぼ倍の視野角を撮影することが出来ます。マクロレン ズ:約10倍の倍率です。被写体から約12~15mmの範囲で撮影することができます。魚眼レンズ:約180度の視野を撮影できます。

品質もよく評価も高い。値段も1500円程度。上記はAmazon リンクだが、この製品は良くキャンペーン対象となっていることが多い。

望遠レンズキット

Tao Tronicsのレンズキットは魚眼、広角、マクロのセットであり一般的な形式だ。続いて最近登場したのが望遠レンズを持つキット。

魚眼、広角、マクロに加えて10倍の望遠レンズがセットになっている製品。遠距離の撮影が可能となる。値段が多少があがるがそれでも2000円前後なのでどうせならこちらを選んだ方が面白いだろう。

 自撮り棒 セルフィースティック

 自分を撮りたい、または友達と一緒に写りたい。そんな用途を実現してくれるのが自撮り棒、いわゆるセルフィースティックである。

TaoTronics 自撮り棒。Bluetooth シャッターボタン対応なのでタイマー撮影で無くとも使えるのがポイント。

iOS 5.0 以降/ Android 2.3.6以降に対応しています。 iPhone6やサムスンNote 2/3/4のような幅約50cmから80cmまでの全てのスマホに使えます。

最近のスマートフォンならほとんどの製品で使える。最大伸長は85cm。自撮り棒で重要なのは実は如何に長くなるか?ではなく如何にコンパクトに収まるか?がポイントである。本製品は持ち運ぶのを厭うことが無いかばんのなかに収まるサイズである。また剛性が高いのも見逃せないポイント。ブレや故障に強い。

三脚・ゴリラポッド

 カメラグッズの新発明といえるのがゴリラポッド(クネクネ三脚)であるが、スマートフォン用も登場している。自在な変形としっかり固定と言う相反した要求をしっかりと両立させる製品。地面など三脚の支持出来る場所だけでなく、ポールなどに巻きつけて固定できるのが特徴。

三脚

 こちらは通常の三脚だがしっかりと作ってある。

軽量 アルミ 雲台 三脚 伸縮 5段階で 調節 iPhone スマホ 用 固定 ホルダー (三脚+ホルダーセット)

 簡易的であるが水準器が付いているのも面白い。

 リモートシャッター

 シャッターのリモコン。もっと安い製品もあるがすこぶる評判が良くない。こちらの製品はしっかりしている。値段は高いといっても1500円程度。

この製品は専用アプリで撮影できる。ブルートゥースやWifiといった苦手な人にはトラブルの原因となりやすいものを使わずに撮影できる。とても画期的な製品。 

 Foresight スナップリモート 【iPhone、Android携帯対応】自撮りや女子会に最適 アプリ起動で簡単接続 スタンド付きカメラリモコン M335 SPK

簡易のスタンドも一体して収納できるので机の真ん中に立てて撮影というよくあるシーンでも手早く撮影ができる。

 スマホ用 LEDライト

サンワダイレクト LEDライト スマートフォン カメラ用 32灯 充電式 200-DG006
 

スマホのカメラで良く起こりがちな状況は夜間や日陰など暗いところでの撮影時の光量不足。内蔵LEDではどうしても足りずに不自然に写ってしまうことが多い。そんなときのためにフラッシュ代わりの外付けのLEDライトを容易するのも良い。

USB充電形式で約1時間もの長期点灯が可能となっている。

おわりに

スマホカメラを楽しく便利にするサプライ品は様々に出ている。上に紹介したモノはどれも手頃な価格で手に入れやすい。

最後にもうひとつあると便利な製品を紹介する。「Wifiカードリーダー」である。

ラトックシステム Wi-Fi SDカードリーダー 5GHz対応 433Mbpsモデル (ホワイト) REX-WIFISD2

ラトックシステム Wi-Fi SDカードリーダー 5GHz対応 433Mbpsモデル (ホワイト) REX-WIFISD2

 

このカテゴリーの製品はいくつかの機能を持っている。

  1. 外部カード読み込み(カードリーダー)
  2. 無線データ伝送(Wifi ルーター機能)
    スマホ → SDカードに転送、デジカメ → スマホに転送など無線でデータのやりとりが可能となる。
  3. モバイルバッテリー機能
    本製品だけでモバイルバッテリーとしての機能もあり、いざというときにスマホ電源としても役立つ

Wifi ルーターなので出張時に有線LANしかないホテルなどへの宿泊時にも役にたつ、かゆいところに手がとどく製品である。こちらもおすすめの製品。