読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KCJK 気になる調査と実践の記録

きになったコト、調べたコトをどっかんどっかん書いていきます。野球ネタ、ITネタなどをさまざまにお届けします。

プロ野球 2017年シーズン 開幕戦 ~ 中日ドラゴンズのスタメンと開幕投手予想

野球 中日ドラゴンズ

プロ野球2016年シーズンも終了し、オフシーズンが始まっています。大型トレードの報道やFA選手の動向などストーブリーグがはじまり2017年シーズンへのチーム作りが活発化しています。というわけで各球団の開幕スタメンを予想するシリーズ。今回は中日ドラゴンズです。

中日ドラゴンズは近年厳しい状況がつづいています。かつての強竜のイメージは陰を潜め、4年連続のBクラスという記録を作ってしまいました。谷繁元信監督は昨シーズンから選手を引退し監督専任となりましたが、1年目の途中から成績不信により解任となりました。

変わって森繁和コーチ。2017シーズンからは監督として指揮を取ることになりました。名参謀として名を馳せていた氏が監督としてどのような采配を見せるか? 非常に楽しみです。

気になる2017年シーズンの開幕戦、開幕投手やスタメンオーダーはどうなるのか? かなり先取りですが予想してみます。

中日ドラゴンズ 2017年シーズン開幕戦

開幕戦予想に入る前に現時点での状況を整理しておきましょう。
森繁和監督就任によりチームの体制にも変化が見られます。もともと投手中心に見ていた森監督、野手面の担当として前オリックス監督である森脇浩司氏のコーチ就任が決まりました。勝てる守備・走塁を浸透させていく役割を担うようです。

そして名伯楽である土井正博氏も打撃担当のヘッド格コーチとして入閣。森監督のお願いを引き受けたようです。バッテリーコーチは落合監督時代を支えた田村藤夫氏がソフトバンクからドラゴンズに復帰する形となりました。実績・年齢でも重厚なコーチ陣容になっています。

続いてFA選手の動向。ドラゴンズにてオフシーズンの最注目は大島洋平と平田良介二人の中核選手たちの動向です。二人とも過去契約更改での交渉経緯などもあり、FA宣言して他球団へ移籍するのでは? という憶測や報道がシーズン中から飛び交っていましたが・・・、チーム編成に大きな影響を与える部分だけにどうなるか注目です。

→ 朗報。大島選手はドラゴンズに残る選択をしました。緊縮傾向のある球団ながら、しっかり年俸を用意する形になりました。残留=最大の補強ですね。

 開幕投手
  • 大野雄大 投手

開幕投手は大野雄大です。昨シーズンは不本意なシーズンでした。3年連続二桁勝利やプロ入り以降負け越しの無かった記録が途切れ二桁届かない7勝10敗。

それでも開幕は決まり。チーム状況が厳しいためファンの声も荒くなってている中、シーズン終了の挨拶にて自分の言葉で語る大野投手の姿。今シーズンはきっとやってくれるでしょう。

■参考 中日ドラゴンズの歴代開幕投手 2010年以降

10 吉見一起
11 M.ネルソン
12 吉見一起
13 吉見一起
14 川上憲伸
15 山井大介
16 大野雄大

実現すれば二年連続となる大野投手です。

開幕ローテーション 6人
  • 大野雄大
  • 若松駿太
  • 小笠原慎之介
  • バルデス
  • 小熊凌祐
  • 吉見一起

ドラゴンズの先発投手陣、人数はしっかりと揃っています。個々の本来の実力も高い。

大野雄大は開幕投手。つづいて若松駿太。伝家の宝刀であるチェンジアップが見切られるシーンが増えた印象で、二桁をあげた2015年には及びませんでしたが、まだ若い選手。体力面が強化できればきっちりシーズン通してローテーションを守ってくれるはずです。

続いてドラフト一位ルーキーイヤーにて期待通り大器の片鱗を見せつけた小笠原慎之介。暗い話題が続くドラゴンズでしが、彼の存在はとても明るかった。今オフ左肘遊離軟骨除去手術を受けます。その影響で出遅れはあるかもしれませんが、不安を取り除いた状態となった今後には期待できます。

つづいてはバルデス投手です。ハイメ、ネイラー、エルナンデス、ナニータ、セプティモという外国人選手の構想外を発表しましたが、20試合を投げたバルデス投手はまだ可能性があるようです。ジョーダン・ノルベルト投手も同様退団発表はされていません。残留となれば先発候補にも入ってきます。

続いては小熊凌祐です。昨シーズンはこの人の離脱が痛かった。復帰後も活躍して5勝2敗と貯金をつくりました。今シーズンさらに飛躍が期待される投手です。

最後にかつてのエース吉見。21試合に登板し7勝防御率3.08と復活と言って良い数字です。トミージョン手術からの復帰は簡単なものでは無かった。来季も無事に登板する姿が見たい。

 

開幕スタメンオーダー

FA権のある選手は基本残留。新外国人補強など新しい情報が入り次第追記していきます。

  • (中)大島洋平
  • (二)荒木雅博 
  • (右)平田良介
  • (一)ビシエド
  • (三)高橋周平
  • (左)藤井淳志
  • (遊)堂上直倫
  • (捕)杉山翔大
  • (投)大野雄大

一番センター大島は確定。なんと言っても安定感がすごい。毎年140試合に出場しつづけ安打を重ねる。計算の立つ選手です。

二番は大ベテランとなった荒木雅博。外国人エルナンデスや亀澤恭平の台頭も予感されましたが結局はこの人がスタメンを務めるシーンが多かった。コツコツと積み重ね1961安打。2017年はいよいよ2000本安打に挑戦するシーズンとなります。

三番はライト、平田良介です。現時点ではFAの動向は未定。

四番ファーストはビシエド。昨シーズン序盤は破竹の勢い。これがバリバリのメジャーリーガーか!と戦慄しました。しかし不調と怪我で後半は残念な形に。 残留が決まっているので日本球界に慣れた2年目に期待です。

レフトのポジションは福田永将が掴み取るのか? ついに二桁本塁打を記録しました。しかも出場89試合ですから。終盤は四番を努めました。今シーズンも期待です。

六番サード高橋周平。右手有鈎骨骨折の離脱があったのが残念。過去に比べるとかなり良くなっていると思います。今シーズンこそ飛躍の年に。

七番ショートは堂上直倫。堂上もキャリアでも最も出場しレギュラーを掴んだシーズンとなりました。引き続き期待です。

八番は杉山。松井、桂、杉山論争からは一歩抜け出た状況。

野手陣は期待値の高かった選手たちが徐々に力を発揮している状況で印象が良い。 ただ補強は必須。エルナンデス、ナニータとそれなりに活躍した外国人の退団がありました。もう一人大砲タイプの加入があれば面白いかも知れません。

GILD design IGI-EY-CD 中日ドラゴンズ イヤホンジャック

GILD design IGI-EY-CD 中日ドラゴンズ イヤホンジャック

 

 

リリーフ・セットアッパー

又吉克樹
岡田俊哉
抑え:田島慎二

抑えは引き続き田島慎二。シーズン途中からですが守護神に定着し17セーブをあげました。又吉は登板過多によって潰されてしまうのではないかと言う不安もありましたが、後半復活してきました。やはり地力がある投手です。岡田俊哉投手はなんと侍ジャパン選出がありました。かなり投球が安定していますので当然ですね。

ここに福谷の復活(もしくは成長)と新外国人の豪腕投手が入ってこれるかが課題になります。

●●● 人気記事 各球団の2017年開幕予想記事

読売ジャイアンツのスタメンと開幕投手予想

横浜DeNAベイスターズのスタメンと開幕投手予想

阪神タイガースのスタメンと開幕投手予想

広島東洋カープのスタメンと開幕投手予想

東京ヤクルトスワローズのスタメンと開幕投手予想

●●● 関連記事

昨年の開幕予想記事と開幕オーダーの結果記事です。

プロ野球 2016年 開幕戦 ~ 中日ドラゴンズのスタメンオーダーと開幕投手予想 

プロ野球 2016年 ~ 各球団の開幕戦 スタメンオーダー結果 【保存版】 

開幕カード

  • 2017年3月31日(金) 対戦相手 球場未定

2017年シーズンの開幕は3月31日金曜日です。WBC2017が開催されますので例年より1週間程度遅いです。開幕カードは現在未定です。今年はビジターでの開幕となります。

~中日ドラゴンズ創立80周年記念~ 強竜列伝 栄光の軌跡編 [DVD]

~中日ドラゴンズ創立80周年記念~ 強竜列伝 栄光の軌跡編 [DVD]

 

 

Figma ドアラ ホームVer.

Figma ドアラ ホームVer.

 

  

中日ドラゴンズ80年史

中日ドラゴンズ80年史

 

 

プロ野球 2017年シーズン 開幕戦 ~ 東京ヤクルトスワローズのスタメンと開幕投手予想

野球 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球はファイターズがセリーグ優勝のカープを破り日本一に輝きました。

長いようで短かったプロ野球シーズンが終わり、春までの長い長いオフシーズンに入りです。ここからは来年に向けてのチーム作りや選手たちの休養とトレーニングの日々。しかしながら早くも来年が待ち遠しいです。

2015年シーズン、元来の破壊力のある打線と投手力が噛み合いリーグ優勝を果たした東京ヤクルトスワローズですが、2016年は一転Bクラスの5位に沈んでしまいました。

やはり原因は投手力。チーム打率は.256、総得点は594とどちらもリーグ2位の好成績。しかしチーム防御率は4.73と最下位。5位ベイスターズとですら1点近い差がある結果となりました。

2017年真中監督3年目となる東京ヤクルトスワローズが巻き返すことは出来るのか? 非常に気が早いですがFA市場や新外国人加入の結果が出る前の現時点での来シーズン開幕戦予想。スワローズの開幕投手やスタメンオーダーについて書いていきます。

東京ヤクルトスワローズ 2017年開幕予想

 

スワローズについて語る際に避けて通れないのが怪我人の話。この段階では怪我人は無く皆万全でシーズンを迎える前提で書きますので楽しみでもあります。

※FA・新戦力加入の朗報があれば追記して更新していきます

開幕投手
  • 小川泰弘

開幕投手は小川泰弘です。

小川は2014年から3年連続でスワローズの開幕投手を努めています。しかしながら昨シーズンは目に見えて不調であり入団以来ワーストの成績となってしまいました。

打者が慣れてきたのか、小さい体での独特なフォームが勤続疲労を蓄積させるのかはわかりませんが好不調の波が非常に大きくなってきた印象です。余計なホームランを浴びるシーンも目立ちました。

課題の多い5年目のシーズンですが、ルーキイヤーに感じた彼がこれがずっとスワローズエースとして君臨していくという絶対的な投球が復活するか? 正念場となるシーズンです。

開幕ローテーション

スワローズの先発ローテーションは非常に厳しいです。ここ数年のドラフトの結果があまり芳しくない。 小川泰弘はともかくとして他にローテーション確実な投手があらわれない状況が続いてます。

  1. 小川泰弘
  2. 石川雅規
  3. 山中浩史
  4. 由規
  5. 館山昌平
  6. 原樹理

1番手は小川に続いてはやはり石川雅規。昨シーズンは不調ながらも通算150勝の大記録を達成。抜群の制球力でコツコツと勝利を積み上げる姿はワクワクします。 ベテランの域ではありますが今シーズンもシレっと二桁勝ってくれることを期待。

山中浩史は12敗と数字にこそ恵まれませんでしたが、ローテショーンを守りました。打線の援護があれば勝てていた、先発投手としての仕事を全うした試合も多かったです。2014年のトレードにて加入した際は新垣の方が大きく取り上げられ、山中はワンポイントリリーフのような使われ方になると思っていた人も多かった。しかし新垣のほうが先に退団という形になりました。2017年シーズンも独特なテンポの変則投球で楽しませて欲しい。

ここからが悩ましい。まずは由規。長い怪我との戦いから1771日ぶりの復帰登板を果たしました。先発として勝利を上げることも出来ました。

館山昌平も劇的な復活を遂げた投手であり、昨シーズンこそ奮いませんでしが、もう一度主力として活躍して欲しい。

ドラフト1位の原樹理はチャンスは多く与えられ序盤は良い投球だったと思います。怪我による痛みもあり中盤以降は残念なピッチングでしたが、一軍でも通用する片鱗はみせたと思います。今シーズンこそ万全で望んで欲しい投手です。

次点で実績のある成瀬となります。

スワローズの投手陣は怪我がちでありここで上げた選手も一年間のローテということで希望を多く含んだ状態です。今年も補強ポイントとして新外国人選手を獲得するでしょう。情報が入り次第更新して行きます。

 開幕スタメンオーダー

投手陣に対してスタメンオーダーは比較的明確に決めやすい。怪我という要素はありますが、打力と守備ともに力があるチームだと思います。

  1. (中)坂口智隆
  2. (三)川端慎吾
  3. (二)山田哲人
  4. (左)バレンティン
  5. (一)畠山和洋
  6. (右)雄平
  7. (遊)西浦直亭
  8. (捕)西田明央
  9. (投)小川泰弘

リードオフマンはセンター坂口智隆、オリックスから移籍一年目ですがレギュラーとしてポジションを掴み取りました。スワローズとしては良い補強でした。

2番は川端慎吾。昨シーズンは怪我による離脱や不調がありながらも終盤しっかりと3割に乗せてきました。

3番は山田哲人。2年連続のトリプルスリーという偉業をまるで当然のように決めてしまいました。 後半死球を受けて以降目に見えて調子を落としたのが心配です。しっかりケアしてシーズンを迎えて欲しい。

4番はバレンティン。現時点で本人としては残る意志があるようですが、球団としては高額な年俸がネックとなり即契約とはいかない事情があるようです。残留が決まれば当然4番です。怪我がちなヤクルト野手陣の中で離脱が少なかったのも地味にポイント。 来季への期待は大きい。

5番ファーストは畠山。昨シーズンは畠山の離脱でファーストのポジションが固定できませんでした。今年は復活をかけるシーズンとなります。

6番雄平。脇腹痛の離脱がありましたがシーズン終盤帰ってきてホッとしました。打率も3割近辺で終わりました。波はありますがここ数年確実な成績を残していると言えます。

7番ショート西浦。終盤は大引からレギュラーを奪い取った形になりました。72試合ながら本塁打7本なので長打力も期待できます。サード、ショートの守備も確実にこなしています。

8番キャッチャーは西田。中村悠平が正捕手をがっちり掴んだようにも見えましたが打撃面、そしてリード面でも残念な結果となりました。西田が先発マスクを被る試合も増えていきました。期待したいのはその長打力。西浦同様に7本。

怪我なく万全なシーズンを迎えれば本当に怖い打線です。

山田哲人(東京ヤクルトスワローズ) 2017年 カレンダー 壁掛け B2

山田哲人(東京ヤクルトスワローズ) 2017年 カレンダー 壁掛け B2

 

 

リリーフ・勝ち継投
  • 村中恭兵
  • 松岡健一
  • ジョシュルーキ
  • 守護神:秋吉亮

秋吉亮の成績は非常に安定していました。オンドルセクが抜けてからというもの守護神をつとめました。侍ジャパンにも選出されました。登板数が多いのが気がかりなところです。

ルーキは残留が決定との報道が出ています。手薄な中継ぎ陣の中でもしっかりと仕事をした選手。

先発投手陣とともに中継ぎも強化ポイントです。バーネット、オンドルセク、ロマンと揃っていた2015年の再現を目指して外国人ピッチャーの補強が急務です。

●●● 人気記事 各球団の2017年開幕予想記事

読売ジャイアンツのスタメンと開幕投手予想

横浜DeNAベイスターズのスタメンと開幕投手予想

阪神タイガースのスタメンと開幕投手予想

広島東洋カープのスタメンと開幕投手予想

中日ドラゴンズのスタメンと開幕投手予想

●●● 関連記事

昨年の開幕予想記事と結果です。

プロ野球 2016年 開幕戦 ~ 東京ヤクルトスワローズのスタメンオーダーと開幕投手

プロ野球 2016年 ~ 各球団の開幕戦 スタメンオーダー結果 【保存版】 

 開幕カード

  • 2017年3月31日(金) 球場未定

東京ヤクルトスワローズはホーム開催権があります。2015年に手にした優勝のおかげです。対戦相手は未定ですが決まり次第追記していきます。

予想する中でやはり投手陣の不安が大きいことは否めません。しかし2015年シーズンも当初は同様の印象があったと思います。野手に関しては(怪我による離脱を除けば)最高の打線です。噛み合えば再び上位争いすることもありえるでしょう。

 

MIZUNO(ミズノ) フラットキャップ 東京ヤクルトスワローズ 12JRBS7209F 09)ブラック F

MIZUNO(ミズノ) フラットキャップ 東京ヤクルトスワローズ 12JRBS7209F 09)ブラック F

 

  

できない理由を探すな!―スワローズ真中流「つばめ革命」

できない理由を探すな!―スワローズ真中流「つばめ革命」

 

 

 

燕軍戦記 スワローズ、14年ぶり優勝への軌跡

燕軍戦記 スワローズ、14年ぶり優勝への軌跡

 

 

プロ野球 2017年シーズン 開幕戦 ~ 広島東洋カープのスタメンと開幕投手予想

広島東洋カープ 野球

2016年、広島東洋カープは25年ぶりのリーグ優勝を果たし、クライマックスシリーズでも勢いのある横浜DeNAベイスターズに対してシーズンと変わらない力を見せつけて日本シリーズに進出しました。

北海道日本ハムファイターズとの対戦。1、2戦は完全にカープのペースでしたがそこからよもやの4連敗。なんとも健闘を称えると同時に心残りな結果となってしまいました。

さて、カープにとって非常に歴史的で思い出深いシーズンがおわりやって来たのがオフシーズンです。来年の話をするのはまだ現実感が無い状況かも知れません。

ただ今度は日本一という目標が出来た。黒田博樹も引退しチーム編成も少し変わるでしょう。少し気が早いですが2017年のカープ開幕戦についてあれこれと予想してみたい。セリーグを圧倒的な貯金で独走したカープは間違いなく強かったその記憶が強いうちにということで。

※以降、便宜上昨シーズン=2016年、今シーズン=2017年の意で書いています。

広島東洋カープ 2017年開幕予想

開幕予想の前に主力の引退・退団選手について現時点での情報を整理。まずはご存知「黒田博樹」の引退。10勝、投手陣やチームの大きな柱でした。前年の前田健太と2年連続で主力投手がチームを去ることになりました。

外国人選手ではルナ選手が移籍一年ながら退団の見込みと報道が出ています。最後は全治という3ヶ月のプレイ中の怪我もあり残念な形です。ブラッド・エルドレッドについては残留・退団双方の報道が出ており条件次第と言ったところ。

今後、穴を埋め再び頂点を目指すべく新外国人補強などが行われるでしょう。チーム編成がかたまり次第、追記修正していきます。 

永久保存版 黒田博樹 200勝の軌跡 The Best 10 games - 黒田博樹をめぐる10の物語 - (ヨシモトブックス)

永久保存版 黒田博樹 200勝の軌跡 The Best 10 games - 黒田博樹をめぐる10の物語 - (ヨシモトブックス)

 

 

開幕投手
  • クリス・ジョンソン

開幕投手はクリスジョンソン一択でしょう。2015年14勝、2016年15勝と2年連続で素晴らしい成績を残しています。ポストシーズンでも非常に安定した投球でした。外国人選手として半世紀ぶりの沢村賞も受賞しています。非の打ち所がない。文句なしで2年連続の開幕投手は確定です。

球団はジョンソンと昨シーズン中異例の2019年までの長期契約を発表しました。恐らく今後もジョンソンが柱となる時代が続くでしょう。他球団としては攻略の糸口がつかめず非常にやっかいです。

開幕ローテーション

ローテーションについては黒田の引退もあり引き続き安泰とは言えないかも知れませんが若手投手にとってはチャンスでもあります。

  1. クリス・ジョンソン
  2. 野村祐輔
  3. 岡田明丈
  4. ブレイディン・ヘーゲンズ
  5. 福井優也
  6. 大瀬良大地

沢村賞エースのジョンソンと最多勝タイトルを手にした野村祐輔は確定。野村祐輔は今期非常に安定していました。6回までをしっかりと制球してリリーフ陣につなぐ勝ちパターンがよく機能していた。

岡田明丈もドラフト1位の面目を保ちローテーションにくい込む活躍を見せました。中々が勝ちが付かない時でも内容は良かった。二年目も大きな期待が出来ます。

カープの強さはヘーゲンズのような投手がいること。先発でも中継ぎでもしっかりと仕事をする。当然ながら残留となる投手でしょう。

以降は競争となるポジションです。個人的には優勝に大きく貢献とは行かなかった福井優也、大瀬良大地の復活に期待したい。次点で薮田和樹、戸田隆矢となります。戸田は先発で結果を出した矢先の怪我だけに残念でした。

 開幕スタメンオーダー

2016年のカープは不動の1、2、3番は固定、以降は状況に合わせて変えていく方針が明確でした。そして出て来る選手が期待通りに仕事をした。若手が順調に育っており誰が出ても一定のパンチ力があるチーム。2017年はどうなるか?

  1. (遊) 田中広輔
  2. (二) 菊池涼介
  3. (中) 丸佳浩
  4. (右) 鈴木誠也
  5. (一) 新井貴浩
  6. (左) エルドレッド
  7. (三) 安部友裕
  8. (捕) 石原慶幸
  9. (投) ジョンソン

前述の通り、タナキクマルの同級生トリオは引き続き固定。ここに関してはこれ以上のアイディアがありません。

4番には.335 29本塁打 打点95を上げた強打者鈴木誠也を上げたい。もちろん今シーズン見られた新井さん、松山も考えられますが、将来への期待を込めて。

5番は新井さん。101打点、得点圏打率.323と素晴らしい活躍を見せました。阪神時代末期を思うとよもやこれほどまで復活するとは誰も予想していなかった。要所で休みを入れながらの使い方が基本になるとは思いますが、開幕戦ということでやはり新井さんでしょう。

6番はエルドレッド。昨シーズンは外国人枠(ルナとの併用)や怪我の問題もあり、一軍で見られない時期があり不安にもなりました。しかし一度試合に出ると試合の流れを呼び込む一発を期待通りに放ってくれる。素晴らしい助っ人です。ブラッドが6番を打つというのは脅威以外何者でもありません。

7番サードは安倍。残念ながらルナが退団となりました。筆頭格はやはり安倍。もともと高い能力がありましたが昨年は著しい成長を見せました。

8番キャッチャーは石原。これはジョンソンとのコンビもあります。そろそろ會澤と世代交代かと思っておりましたが、まだまだ正捕手を譲るわけにはいかない。リード面での確かな信頼があります。

次点ではエルドレッド、新井さんとの兼ね合いになりますが松山竜平。そして西川龍馬選手も走攻守で期待したい。それにしても打線は本当に強い。穴が無い。どこを切ってもホームランが打てるバッターが出て来きます。今シーズンのカープ打線も非常楽しみです。

リリーフ・勝ち継投
  • 7回 今村猛
  • 8回 ジェイ・ジャクソン
  • 9回 中崎翔太

カープが誇る鉄壁の勝ちパターン。昨シーズンはかなり逆転劇が多かったですが、バッターだけでなく後ろの投手がしっかりしていたのも大きな要因。

それだけに日本シリーズの敗戦はショックでした。ジャクソンが毎日のように失点し、中崎も敗戦投手となってしまう。この経験を糧にもう一度立ち上がって欲しいです。

 開幕カード

  • 2017年3月31日(金) 球場未定

カープはビジターでの開幕となります。(2015年4位のため)

対戦相手と球場、試合開催時刻などがきまり次第こちらにも追記していきます。

プロ野球 2017年シーズン ~ 開幕戦・公式戦の球場・日程 

●●● 人気記事 各球団の2017年開幕予想記事

読売ジャイアンツのスタメンと開幕投手予想

横浜DeNAベイスターズのスタメンと開幕投手予想

阪神タイガースのスタメンと開幕投手予想

中日ドラゴンズのスタメンと開幕投手予想

東京ヤクルトスワローズのスタメンと開幕投手予想

●●● 関連記事

昨年の開幕予想記事と結果です。

プロ野球 2016年 開幕戦 ~ 広島東洋カープのスタメンオーダーと開幕投手予想 

プロ野球 2016年 ~ 各球団の開幕戦 スタメンオーダー結果 【保存版】 

 

CARP2016熱き闘いの記録 V7記念特別版 ~耐えて涙の優勝麗し~ 【Blu-ray2枚組】

CARP2016熱き闘いの記録 V7記念特別版 ~耐えて涙の優勝麗し~ 【Blu-ray2枚組】

 

  

広島東洋カープ2016 記念Tシャツ図鑑  セ・リーグ優勝決定までの球団公式全作を一挙公開!

広島東洋カープ2016 記念Tシャツ図鑑 セ・リーグ優勝決定までの球団公式全作を一挙公開!

 

 

広島アスリートマガジン2016年11月号 “特集 なぜカープは89勝できたのか?

広島アスリートマガジン2016年11月号 “特集 なぜカープは89勝できたのか?"

 

 

カープ愛に包まれた男 新井貴浩 2000安打への軌跡 [DVD]

カープ愛に包まれた男 新井貴浩 2000安打への軌跡 [DVD]

 

 

プロ野球 2017年シーズン 開幕戦 ~ 阪神タイガースのスタメンと開幕投手予想

野球 阪神タイガース

プロ野球は11月に突入、全日程が終了しオフシーズンに突入しています。秋季キャンプ、FA市場、新外国人加入、契約更改とストーブリーグが楽しみな時期になってきました。

阪神タイガースは金本監督になって1年目のシーズンは4位。チームスローガン「超変革」を掲げた通り、随所にこれまでと異なる采配やオーダーが見られ徹底的に生まれ変わるんだという意志が感じ取れたシーズンでした。順位は前任の和田監督時代より低下していますが、事情は分かる。

2年目となる2017年シーズンが監督としてもチームとしても勝負になると思います。痛みを伴った変革の成果は吉と出るのか凶と出るのか? 優勝から長いこと遠ざかっていますが再び栄光をつかむことが出来るチームになるのか? 非常に注目されるシーズンです。

2017年の開幕戦は3月31日。シーズン終わったばかりの今は少し遠い気もしますが、早くも待ち遠しい。というわけで阪神タイガースの開幕戦について現時点の情報であれこれと書いていきたいと思います。

開幕投手とスタメン打順、開幕ローテーションや勝ち継投についてざっくばらんに・・・

※今後、FA市場での動向や新外国人の獲得にあわせて追記にて変更していく予定です。ことタイガースに関しては順位を落とした要因も超変革だけではなく単純に外国人選手の違いも大きいでしょう。

開幕投手
  • メッセンジャー 投手

開幕投手はメッセンジャーです。本来であればそろそろ藤浪晋太郎にという年でもあるのですが、藤浪はつまづきを感じさせる一年となってしまったため次年以降に持ち越し。メッセンジャー本人の意志も強い。投げたがりな性分であることを差し引いても「今年の内容を見ても、自分である」という言葉を残しています。

2010年の加入から来日8年目のシーズンとなります。毎年200近いイニングを投げる好投手。36歳になるシーズンですが、まだ衰えは無さそう。2013年、2015年、2016年に継いで3年連続4回目の開幕投手は確定でしょう。

開幕ローテーション 6人

阪神は比較的先発陣は揃っている≒名前を埋めやすいチームであると思います。

  1. メッセンジャー
  2. 藤浪晋太郎
  3. 岩貞祐太
  4. 青柳晃洋
  5. 能見篤史
  6. 岩崎優

先発筆頭はメッセンジャー。続いては藤浪晋太郎です。昨年は首位広島に対して何度もあてられ、ことごとく破れていくことを筆頭に不調なシーズンでした。10勝以上の記録はなんだかんだで続くものと思っていましたが、現実は厳しい。立ち上がりや不安定なコントロールを克服して威圧感を取り戻してほしいシーズンです。

岩貞は先発ローテーションに定着したと言って良いシーズンです。特に前半戦の勢いが凄かった。途中勝てなくなった時期もありましたが、9月に入り復活したので印象は良い。今シーズンもかなり期待できる投手。

青柳晃洋、ドラフト5位ルーキーながら13試合登板とシーズン途中からローテーションに食い込みました。荒れ球が特徴の変則サイドスロー。制球はともかくフィールディングとランナーがいる時の対応がもう少し良くなれば面白い。

能見篤史、今シーズンは通算100勝を懸けたシーズンでもあります。残り8。なんだかんだでローテを守り続けるので早々に達成して欲しいところ。

6番手は岩崎優です。終盤はセットアッパーとして投げる場面があり、中継ぎ転向もあるかも知れません。6番手のポジションは競争になりそうです。中5日で投手を廻していく場面も見られましたが長いシーズンを考えると結果が出てるとは言えない。

阪神タイガース 週めくり 2017年 カレンダー 卓上 A5

阪神タイガース 週めくり 2017年 カレンダー 卓上 A5

 

 

開幕スタメンオーダー

悩ましいのがスタメンオーダーですね。これは開幕に限りません。金本監督はチャレンジングに様々なオーダーを試しました。昨年は原口や高山など一定以上の成績を出した若手もいるなど、新時代の萌芽を感じましたが果たして。

  1. (遊)北條史也
  2. (二)上本博紀
  3. (左)高山俊
  4. (右)福留孝介
  5. (一)マウロ・ゴメス
  6. (三)鳥谷敬
  7. (捕)原口文仁
  8. (中)中谷将大
  9. (投)メッセンジャー

まず昨シーズン衝撃的だったのが鳥谷敬のショートフルイニング出場が途切れたこと。金本監督の晩年を陰で支えた鳥谷選手ですが自らの手で決断を下した。 賛否はありますが良い決断だった。というわけで1番遊撃手は北条です。2016年シーズン1軍定着を果たした勢いそのままに鳥谷の後を継いで欲しい。

2番セカンドは荒木か上本か悩ましいところです。3番はチーム新人最多安打と新星の如き活躍を果たした高山俊で確定。

4番、5番も非常に難しいところです。福留かゴメスになるのですが、ここは新戦力の加入如何といったところでしょう。ゴメスは年俸が厳しいですが、ある程度の成績は残す選手でもあります。オフシーズンどうなるか注目です。

6番はサードで鳥谷。当然このままフェイドアウトさせる訳にはいかない。ショートも完全に諦めることはないですが、キャンプからサードで打撃にも集中する形で望んで欲しい。7番は打撃のみを鑑みて原口。もう少し上の打順でも良いですが、この位置でも得点力を上げることが出来る選手ということで。

8番は中谷か江越。今のところ打率では中谷が上回っています。ただ当然安泰ではありません。外野の層は薄くチームとしては補強ポイントでもあります。

現段階では埋めることが出来ませんが、ここに新外国人選手やFA移籍の選手が確実に入って来て入れ替わるものと思います。 外国人選手ではシーズン終盤からアレックス・ゲレーロやカルロス・ゴメスなど何人もの名前がリストアップされています。また中日ドラゴンズ平田、オリックス・バファローズ糸井なども阪神が積極的に獲得をすすめそうな報道も多いです。

 

リリーフ・勝ち継投
  • 7回 藤川球児
  • 8回 コーディ・サターホワイト
  • 9回 マルコス・マテオ
  • リリーフ 高橋聡文 松田遼馬 安藤優也

リリーフ投手陣も引き続き変革の過程にあります。呉昇桓の穴は非常に大きかった。長年に渡りチームを支えてきて連続して最優秀中継ぎのタイトルも獲得した福原忍があっさりと引退する形になりました。

藤川球児の名前を上げましたが、勝ちパターンで使うには定期的な炎上が苦しいかも。ここは浪漫も込めてです。

しかし中継ぎ陣の成績は良かったと思います。移籍の高橋聡文は完全に良い補強だったと言える。ドリス、マテオ、サターホワイトも一定の成績を残しました。( ドリスは残念ながら手術もあり退団との報道も出ています)

 

 開幕カード

2017年3月31日(金) 球場未定

今シーズンの阪神タイガースはホーム開幕権を持っています。春の選抜高校野球大会と被るため京セラドームにて開催するのですが、今年はオリックス・バファローズもホーム開催権を持っているためどうなるかが注目です。

球場と対戦相手が決まり次第追記していきます。

プロ野球 2017年シーズン ~ 開幕戦・公式戦の球場・日程 

 

●●● 人気記事 各球団の2017年開幕予想記事

読売ジャイアンツのスタメンと開幕投手予想

横浜DeNAベイスターズのスタメンと開幕投手予想

広島東洋カープのスタメンと開幕投手予想

中日ドラゴンズのスタメンと開幕投手予想

東京ヤクルトスワローズのスタメンと開幕投手予想

●●● 関連記事

昨年の開幕予想記事と結果です。

プロ野球 2016年 開幕戦 ~ 阪神タイガースのスタメンオーダーと開幕投手予想

プロ野球 2016年 ~ 各球団の開幕戦 スタメンオーダー結果 【保存版】 

阪神タイガース 2017年 カレンダー 壁掛け A2 CL-530

阪神タイガース 2017年 カレンダー 壁掛け A2 CL-530

 

  

藤浪晋太郎(阪神タイガース) 2017年 カレンダー 壁掛け B2

藤浪晋太郎(阪神タイガース) 2017年 カレンダー 壁掛け B2

 

 

鳥谷敬(阪神タイガース) 2017年 カレンダー 壁掛け B2

鳥谷敬(阪神タイガース) 2017年 カレンダー 壁掛け B2

 

 

プロ野球 2017年シーズン 開幕戦 ~ 読売ジャイアンツのスタメンと開幕投手予想

野球 読売ジャイアンツ

熱かった日本シリーズもファイターズの優勝で終わりました。FA移籍市場もいよいよ活発になるオフシーズンを迎えたばかりですが、早くも待ち遠しい2017年シーズンのプロ野球。シーズンの開幕は2017年3月31日です。(WBCの関係で例年よりも遅い)

高橋由伸監督となって1年目の昨シーズンは、球界の盟主巨人としては悔しい2位に終わりました。カープの独走に対して一時はかなりゲーム差を詰めたのですが終盤に掛けては勢いとチーム力の差を感じる程に突き放されました。

クライマックスシリーズでも横浜DeNAベイスターズと接線を繰り広げるものの敗れ去る。数年前の状況から一変、巨人は厳しい時代を迎えており「常勝」が約束されている訳ではないというのを改めて思い知らされるシーズンでした。

しかし、それでも2位を取るのは流石です。主力選手がベテランの域にさしかかり世代交代が上手く行っていない指摘はありますが、経験値の高さが尋常ではない。阿部、村田、坂本、長野の経験と勝利をもたらす力。他チームに比べてレギュラークラスの20台野手が弱い点を新外国人や移籍でカバー出来ればそう簡単に下位に転落するような事態にはならないでしょう。

というわけで気になる読売ジャイアンツの開幕投手、ローテーション、スタメンオーダーについて現時点での情報を元に予想していきます。

追記 11月2日 大田泰示・公文克彦とファイターズ、吉川光夫と石川慎吾の交換トレードが成立!

ジャイアンツ坂本勇人カレンダー2017 ([カレンダー])  

開幕投手

  • 菅野智之 投手

開幕投手は当然エースである菅野智之です。昨シーズンの菅野は前半戦は鬼神のような投球を見せていました。球威が増して変化球も面白いようにキレる。しかしながらチームの打撃状態もあり勝ち星がなかなか付かなかった。

「勝運に恵まれない」
この言葉が冗談では済まなくなってきた印象です。 2015年、2016年と2年連続。間違いなくリーグNo1の力がある投手。ただ後半戦は調子を崩していたようにも見えます。すなわちシーズンを通して戦うスタミナに課題があるのかも知れません。

2014年シーズンから4年連続での開幕投手。今シーズンは最多勝、沢村賞クラスの活躍を期待します。

開幕ローテーション 6人

続いて開幕ローテーションについて見てきましょう。

  1. 菅野智之
  2. 田口麗斗
  3. マイコラス
  4. 内海哲也
  5. 大竹寛
  6. 吉川光夫

菅野は一番手確定。続くは昨シーズン成長が著しかった田口麗斗です。 プロ初登板を果たした2015年シーズンも良い投球はしていましたが課題に見えたスタミナの問題を克服し完投勝利を挙げるまでになりました。安定感のある計算できる投手になりました。個人的には球界を代表するような左腕になるのではないかと見ています。2年連続の2桁勝利、そして多くの貯金をもたらすことを期待します。

続いては3年目のシーズンとなるマイコラス。故障により出遅れましたが、やはりある程度の地力がある選手。故障なく開幕に間に合えば怖い存在です。課題はマウンド上でイライラするシーンが目立つこと。小林とは信頼関係を築いて欲しい。両者気持ちよく勝利に導くことを期待したいです。

かつてのエース内海哲也も外せません。昨シーズンも初登板は5月半ばと開幕ローテーションに名を連ねることが出来ませんでしたが一軍復帰以降は正直期待以上でした。経験値を活かして再び10勝を目指して欲しい。

ジャイアンツはここからが難しい。5、6番手を投げる投手。実績から大竹寛ですが離脱しがちなことは否めない。ただクライマックスシリーズで見せた圧巻の投球もあり、地力は高い。

6番手はさらに悩ましいところです。ポジションを競争という形にもなっていない。高木勇人は2年目のジンクス通り打ち込まれるシーンが目立った。期待を込めてですがここは今村信貴を推します。→修正

吉川光夫が交換トレードにて加入!! ということで当然≒一年目ということもあり開幕ローテーションには入るでしょう。実績・戦力面から言えば巨人に大きな分があるトレードに見えます。

-

個人的な期待は杉内俊哉。大手術明けのシーズン、杉内は2軍で登板するところまで果たしました。不屈の精神力に脱帽です。開幕間に合わずとも2017年シーズンでの1軍での先発が見たいです。

■ 新戦力
マイコラス・内海・大竹と昨年は離脱期間が長かった。やはりもう一人軸となる投手が欲しいところ。FAにて西武ライオンズ岸投手、横浜DeNAベイスターズ山口投手、どちらかの獲得が現実味を帯びています。

開幕スタメンオーダー
  1. (中)長野久義
  2. (右)亀井義行
  3. (遊)坂本勇人
  4. (一)阿部慎之助
  5. (三)村田修一
  6. (左)ギャレット・ジョーンズ
  7. (ニ)クルーズ
  8. (捕)小林誠司
  9. (投)菅野智之

1番は長野。体調、足の状態が不安視されながらも外野の中では一番信頼出来る選手。なんだかんだで全試合出場を果たしています。昨シーズンは4番を打ったりもしたけどあまり合っていなかった。長野が1番、6番あたりで固定出来るかが鍵です。

2番も悩ましい。というより外野枠。他球団では活きの良い若手が競争を繰り広げているポジションですが橋本、大田、立岡とこのあたりの選手がチャンスを何度も与えられながらも掴み取ることができませんでした。結局のところ終盤で復帰した亀井に落ち着く形です。

3番は坂本勇人。ショートとしてセリーグ史上初の首位打者を獲得。クライマックスシリーズでも一人次元の違うスポーツをしているような印象でした。充実のキャリアハイを過ごした後のシーズン。今シーズンも坂本のプレイが楽しみでなりません。

4番は阿部慎之助。巨人が2位に食い込んだのもやはりこの男、阿部慎之助の力が非常大きかった。勝負強さ、経験値の豊富さが段違いです。ファーストの守備に関してもコンバート当初に比べると良くなっていると思います。

5番は村田修一。ミートに徹した打法が効を奏し復活を遂げます。本塁打も20本ですから流石。昨年時点では世代交代も騒がれましたが、続く選手との差は大きい。今シーズンも同様の路線で活躍して欲しい。

6番はギャレット。残留で間違いないでしょう。シーズン序盤は期待外れでしたが、徐々に成績を上げてきました。巨人が自前で獲得する選手では久方ぶりのアタリ。ポジションもファーストは任せたくないですが外野なら及第点でしょう。

7番はクルーズ。一発もある選手がここにいるのは頼もしい。派手に見える守備も大きい。ただ離脱の多い選手だけにシーズン最初に間に合うかが気になるところ。クライマックスシリーズ前に首脳陣と揉めましたが矛を収めたという報道もありますので真摯になって新たなシーズンに望んで欲しいです。

8番はキャッチャーは小林誠司。前任者の阿部と比較して叩かれる傾向がありますが、過小評価されがち。打撃についてはもう少し打てる力があるはず。小林の休養日を作るなどして廻して行けば良いのにと思うこともあります。

■ 課題
野手に関しては世代交代があまりに進んでいない。来年もベテランの力と経験に頼ることになりそうです。
また外野に関しては補強ポイントでもあります。橋本、大田、立岡、重信の中から抜けるような存在があれば面白い!とは誰もが思うのですが・・・FA市場からの調達も十分に予想されます。

ジャイアンツ卓上カレンダー2017 ([カレンダー])

ジャイアンツ卓上カレンダー2017 ([カレンダー])

 

 

リリーフ

リリーフに関しても課題があります。無理に見える連投も多かっただけに勤続疲労が心配されます。

  • 7回 山口鉄也
  • 8回 マシソン
  • 9回 澤村拓一
  • リリーフ 戸根千秋 宮国椋丞 田原誠次

山口鉄也はこれまで通りの登板数をこなして来ましたが、やはり打ち込まれるシーンが目立ちました。かつての相手に与える威圧感は消えている。

マシソンは孤軍奮闘にも見える活躍で70試合超の登板、終盤の失点を防ぎ多くの勝ち越しを演出しました。

抑え澤村拓一。不安定なところは否めません。特にシーズン終盤からクライマックスシリーズが酷かった。力を入れて投げすぎなところを修正しない限り、絶対的守護神として信頼は難しいでしょう。

但しセーブ王であるのは事実。配置転換や先発復帰の声も上がりますがもう一年は任せると見ています。

カープのジャクソン、ヘーゲンズのような投手が獲得できればこのあたりは変わるかも知れません。マシソンを守護神にして澤村先発復帰という手もあります。

 開幕カード

  • 2017年3月31日(金) 東京ドーム

現時点では開幕カードの対戦相手は未定です。2015年2位であったため本拠地東京ドームでの開催は決定。

※対戦相手が決定次第追記していきます。

 

●●● 人気記事 各球団の2017年開幕予想記事

横浜DeNAベイスターズのスタメンと開幕投手予想 

広島東洋カープのスタメンと開幕投手予想

阪神タイガースのスタメンと開幕投手予想 

中日ドラゴンズのスタメンと開幕投手予想

東京ヤクルトスワローズのスタメンと開幕投手予想

●●● 関連記事

昨年の開幕予想記事です。

プロ野球 2016年 開幕戦 ~ 読売ジャイアンツのスタメンオーダーと開幕投手予想

プロ野球 2016年 ~ 各球団の開幕戦 スタメンオーダー結果 【保存版】 

 

報知ジャイアンツカレンダー2017 ([カレンダー])

報知ジャイアンツカレンダー2017 ([カレンダー])

 

  

Be Ready?準備は自分を裏切らない? (扶桑社BOOKS新書)

Be Ready?準備は自分を裏切らない? (扶桑社BOOKS新書)

 

 

プロ野球 2017年シーズン 開幕戦 ~ 横浜DeNAベイスターズのスタメンと開幕投手予想

野球 横浜DeNAベイスターズ

熱かった2016年シーズンもクライマックスシリーズが終了した段階です。これから本格的なオフシーズンに入ります。2017年はWBCも控えており強化試合等も予定されていてまだ野球を楽しむことができるとは言え、早くも来年が待ち遠しいというのはファン共通かもしれません。

プロ野球の2017年シーズンの開幕は3月31日の金曜日となっています。各球団の開幕戦を今ある情報で予想していくシリーズ。今回は球団史上初のクライマックスシリーズ進出を遂げた横浜DeNAベイスターズです。

  • 開幕投手
  • 開幕ローテーション
  • 開幕スタメン
  • リリーフ
  • ホーム開幕戦情報

このあたりを入退団・ドラフト・FA・外国人補強の情報などを加味しながら、開幕戦について予想していきたいと思います。

※文中昨シーズンは2016年、今シーズンは2017年の意で記述しています。

横浜DeNAベイスターズ 2017年 開幕予想

昨シーズンはチームOBであるアレックス・ラミレスを新監督に据えて初のシーズンでした。4月の逆噴射にどうなることか、中畑監督の遺産が終了と嘆いたファンも多かったですが、終わってみればセリーグ3位とついに悲願のCS進出を果たしました。2017年は優勝を争うことが期待されます。

開幕投手
  • 井納翔一 投手

昨年はキャンプの開始前からラミレス監督が開幕投手は山口俊であると明言してきました。しかし直前の捻挫により、井納が代役を務めることになり見事な勝利で幕を開けました。 シーズンは7勝11敗とエース格と連続して当たることもあり勝ち星には恵まれませんでしたが、しっかりと仕事したと思います。

何よりクライマックスシリーズ2戦の好投です。ファーストステージではここでも山口俊に変わり初戦勝利を飾り、ファイナルステージでは広島東洋カープの一方的な流れを断ち切る7回無失点の好投。大事なゲームでは仕事をするその力投はエースと呼ぶにふさわしい。

現時点では山口俊のFA動向が不明なこともありますが、それを踏まえずとも大舞台で大きな活躍をする井納の力に期待ということで決めました。2年連続の開幕投手として勝利をもたらして欲しいと思います。

ただ山口俊がFA宣言を経ても残留となれば開幕を務めることも想定されます。昨シーズンは5完投3完封と言う脅威的な数字を残しました。特有の不安定さも減り信頼度が非常に高い。開幕、オールスター、CSと怪我に泣き井納に託す形となりましたが、実力的には山口俊がつとめてもなんら異論はありません。

ベイスターズファンとしての希望としてはシーズン通して万全な状態の山口俊をもう1シーズン観たい。今後の山口俊投手の動向は非常に注目です。

<参考> 近年の開幕投手

2011 山本
2012 高崎
2013 藤井
2014 三嶋
2015 久保
2016 井納

開幕投手が年ごとに変わる安定しない球団ではあります。久しぶりの2年連続開幕投手となるかにも注目しています。

開幕ローテーション 6人

引き続き開幕ローテーションについて。山口俊がチームに残る前提はそのままです。昨年は開幕からしばらくは先発投手陣がかなり安定していました。打線が奮わずに負けがつく場面も目立ちました。数年前に比べると格段に先発投手は揃っています。競争が激しくチャンスが少ない状況です。

  1. 井納翔一
  2. 山口俊
  3. 石田健大
  4. 今永昇太
  5. 久保康友
  6. ギジェルモ・モスコーソ

 井納山口石田はとくに大きなアクシデントが無ければ確定です。開幕投手の座を争う二人と共に石田も十分に計算できるピッチャーとして一年を通して働きました。もう一人の左腕、今永昇太も一年目から期待を上回る活躍でした。 昨シーズンこの二人は100球、六回前後で降板する方針が明確でした。体力をつけてもう少し長い回投げて欲しい。

5,6番手が悩ましいところです。
まずはチーム内の大ベテランとして久保康友に食い込んで来て欲しい。ただ昨シーズン後半は奮わなかった。これまでも不調時はファームで調整して昇格すれば再び数試合は好投というタイプでしたが、この流れが崩れているのが気がかりです。ランナーが出た時のスーパークイックが武器ですが、近年はそこに付け込まれるシーンが目立ちます。どう改善されるにも期待です。

そして外国人先発ピッチャー枠。残留が決まる前提ですが、モスコーソを上げます。2015年の肉離れ以降球威が落ちているのが明白。ただ終盤では復活を見せていましたので期待。ジーモが退団となってしまう場合はザック・ペトリック(もしくは新外国人)となるでしょう。ペトリックはドーム球場では期待できる投手でもあります。コントロールが良いので見ていて安心できます。

■ 次点
三嶋、砂田、ルーキーの濱口遥大も注目です。

開幕スタメン
  • (中)桑原将志
  • (右)梶谷隆幸
  • (一)ロペス
  • (左)筒香嘉智
  • (三)宮﨑敏郎
  • (遊)倉本寿彦
  • (ニ)エリアン
  • (捕)戸柱恭孝
  • (投)井納翔一

※正直ここは捻りがありません。シーズン終盤のベストメンバーそのままですね(苦笑)前提としてエリアン・エレラは残留。変化があるとすれば新外国人の補強状況とキャンプ・オープン戦の結果次第です。

1番はセンターは桑原将志。昨年は乙坂関根の若手三羽烏の争いから一歩抜け出してレギュラーを勝ち取りました。ガッツ溢れるプレイで、二桁本塁打を放つパンチ力とかなり高い守備力が特徴です。
2番梶谷はラミレス監督がかねてから企んでいる超攻撃的オーダー。梶谷選手は昨年怪我の影響で出遅れましたが、その復帰がチーム躍進のきっかけであったと思います。筒香とともにベイスターズの飛車角である選手。CSの魂のこもったプレイも記憶に新しいです。

3番ロペス。夏場の不調を抜けるとCSを一気に決めるように打棒を爆発させました。好調時は試合が停滞、負けに傾きそうな時など欲しいところホームランを打ってくれます。相手からすると後ろ筒香がいるため勝負せざるを得ない。なにより守備面での貢献も大きい。ロペスでなければ取れなかったというシーンも多々ありました。

4番はもちろん筒香です。ベイスターズファンでも3年前まで筒香がこれほどの選手になるとは予測していなかったでしょう。今オフはWBCもあり、日本の4番としての活躍も期待です。 これ以上を望むのは酷ですが、目に見えて気負いすぎてるスイングをする時があるのでどう克服していくかも今シーズンの注目です。
打順や守備位置で悩むのが宮﨑敏郎です。堅実なバッティングは魅力ですが宮﨑が6番あたり打つくらいの方が良い。出塁して後ろの倉本が繋いでも足的に帰ってこれないという状況が目立ちました。守備はありし日のよそ見事件の印象が強いですが、まずまずだと思います。できればサードで固定できたらという思いもあります。

6番はショート倉本。シーズン終盤まで三割前後をキープして期待以上の結果を残しました。守備面の派手さは無いもののベイスターズのチーム比では随分堅実で安定していました。ただ現状は昨シーズンからの流れで倉本を上げますがまだ安泰とはいえないと思います。

7番セカンドでエリアン・エレラ。下位打線でも一人で得点出来る力があります。得点圏打率も高く勝負強い。バントの小技もできるし足も早い。守備は送球に不安があるものの非常にダイナミックで魅せるプレイをしてくれます。観ていて楽しい選手。 打率はそこまで高くないですが、キャンプからチームに合流してくれればもう少し結果を残せるはず。

キャッチャーは戸柱恭孝。高城、嶺井、黒羽根の3人体制時代を終焉させたのがこの人。ルーキーながら正捕手の座を掴みました。守備面、リード面での貢献もありますが、打撃にも期待しています。.226の数値以上に良いところで仕事をする印象です。

■ 次点
石川雄洋。肘の故障の影響もあり近年調子を落としています。ただ小技が必要な場面できっちり仕事をするなどまだまだ頼りになります。万全な状態で.270 くらい打つ状態が戻ればと期待しています。
白崎浩之。白崎は攻守ともに大事な場面に弱い印象です。プロ入りから12打席連続ソロホームランという記録。来シーズンこそはランナーのいる状況で・・・

セットアッパー、リリーフ投手

続いては勝ち継投。セットアッパー・リリーフについて整理していきます。

  • 7回 田中健二朗
  • 8回 三上朋也
  • 9回 山崎康晃
  • ※ 須田幸太
  • ※ 砂田毅樹

勝ち継投については所々で乱れることがありましたが、結果としてはかなり安定していました。山崎康晃はルーキーイヤーに猛威を奮ったツーシームの見切られることが増えたが2年連続30セーブを達成。今シーズンが勝負の年になると思います。

特筆すべきは須田幸太です。ここぞという時に登板してすばらしいコントロールの直球を投げ込んでいく。肉離れの離脱がありながら3週間でクライマックスシリーズに戻ってきました。シーズンと変わらない投球は感動不可避でした。


そして砂田毅樹。昨シーズン序盤は先発として後半は中継ぎとして活躍しました。石田、今永との左腕先発争いにも参加して欲しいところですが、中継ぎ適正が非常に高い印象。ピンチに動じない気持ちの持ち主なので悩ましいところです。

トレーディングmini色紙 ありがとう 18 三浦大輔 BOX商品 1BOX=10パック入り、全28種類
 

 

開幕戦

今年の開幕戦の対戦相手や球場は現段階では未定です。決まり次第追記していきます。ただしホーム開催権は2015年シーズンの順位で決定します。ベイスターズは6位のため開幕権は無し。

  • 2017年3月31日(金) 時間未定

プロ野球 2017年シーズン ~ 開幕戦・公式戦の球場・日程

 

●●● 人気記事 各球団の2017年開幕予想記事

読売ジャイアンツのスタメンと開幕投手予想

広島東洋カープのスタメンと開幕投手予想

阪神タイガースのスタメンと開幕投手予想 

中日ドラゴンズのスタメンと開幕投手予想

東京ヤクルトスワローズのスタメンと開幕投手予想

昨年2016年の開幕予想と結果

プロ野球 2016年シーズン 開幕戦 ~ 横浜DeNAベイスターズのスタメンと開幕投手予想 

プロ野球 2016年 ~ 各球団の開幕戦 スタメンオーダー結果 

横浜DeNAベイスターズ 2017年 カレンダー 卓上 B6

横浜DeNAベイスターズ 2017年 カレンダー 卓上 B6

 

2017年 新戦力・新体制(ドラフト・コーチングスタッフ)

2016年10月27日 更新

■ 2016年ドラフト

  • 1位 濵口 遥大投手
  • 2位 水野 滉也 投手
  • 3位 松尾 大河 内野手
  • 4位 京山 将弥 投手
  • 5位 細川 成也 外野手
  • 6位 尾仲 祐哉 投手
  • 7位 狩野 行寿 内野手
  • 8位 進藤 拓也 投手 
  • 9位 佐野 恵太 内野手
  • 育成1位 笠井 崇正 投手

2016年ドラフトでベイスターズは10人の選手を獲得しました。井納、三嶋、三上、石田、山崎、今永、倉本、戸柱もドラフトで加入後すぐに一軍で活躍しています。今シーズンもこの中から即戦力として活躍する選手たちが現れるでしょう。

■ 外国人

ロペス は早い段階で2017年の契約が決まりました。

10月28日そしてエリアン・エレラも残留です。これは嬉しい。

■ 新外国人 

  • アウディ・シリアコ内野手

早速の新戦力情報としてアウディ・シリアコ内野手の獲得が発表されました。独立リーグのBC石川でプレイして一定の成績を残しています。191センチ&103キロの巨漢で期待は大きい。開幕したドミニカウィンターリーグでもホームランを打っています。

2016年 横浜DeNAベイスターズ 新助っ人 アウディ・シリアコ 三塁手 ホームラン - YouTube

■ コーチングスタッフ

コーチングスタッフ。現時点では進藤達哉ヘッドコーチがフロント入りし代わりに青山道雄2軍総合兼外野守備走塁コーチがヘッドコーチを務めることが発表されています。青山氏はかの98年優勝時のコーチでもあり、ロッテ時代も日本一を支えるなど指導に定評のあるコーチです。(そしてイケメン)

■ 球団社長

5年間に渡って球団改革に辣腕を奮ってきた池田球団社長が退任され、岡村信悟氏が社長に就任しました。経営再建のプロである池田氏から官僚出身の岡村氏への交代はドラスティックとも言えます。
ここ数年ベイスターズの人気は高まっており、チケットが非常に取りにくい状態が続いています。喜ぶべきことなのですが一時代の「いつ行ってものんびり観戦できる」状況を知っている者からすると球場のキャパは増えて欲しい。長期的視点になりますが岡村社長へはこのあたりの仕事を期待したいです。

空気のつくり方

空気のつくり方

 

おわりに 

ベイスターズの開幕予想をしていて一つ感じたことは三浦大輔が居ないということ。これまでどういう形であれ三浦抜きの状態を考えることが無かったため一抹の寂しさのようなものがありました。

昨シーズンの横浜DeNAベイスターズは飛躍の年でした。中畑監督時代に種を撒き、耕していたものがようやく花開き始めた。ただここからもう一歩上に上がるのは簡単ではないと思います。

補強やFAの動向次第はまだまだありそうですが、やはり核となるような新戦力の加入が必要かも知れません。

筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ) 2017年 カレンダー 壁掛け B2

筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ) 2017年 カレンダー 壁掛け B2

 

 

山?康晃(横浜DeNAベイスターズ) 2017年 カレンダー 壁掛け B2

山?康晃(横浜DeNAベイスターズ) 2017年 カレンダー 壁掛け B2

 

 

【プロ野球】 ドラフト会議 2016年 一位指名選手候補と結果

野球

プロ野球の2016年、ドラフト会議の日程は10月20日、すなわち本日開催される。

「第一巡選択希望選手」のアナウンスに始まるプロ野球ファンとしても試合外のとても大きなイベントの一つだ。ドラフト会議の結果、即戦力の選手を獲得することはここ数年チームの成績に大きく影響を与えており要注目である。

近年のドラフト雑感

2015年ドラフト一位の選手は横浜DeNAベイスターズ今永、オリックス・バファローズ吉田、阪神タイガース高山、中日ドラゴンズ小笠原慎之介など社会人・大卒・高卒問わず一軍で結果を出している選手も多い。

今年もどんな選手が注目を浴び、プロ野球選手の切符を得るのか? また各球団としてもどのような戦略を立てて選手を指名するのか非常に楽しみである。ドラフトはチーム編成の方針を如実に見ることが出来る機会。弱いところを即取りにいくのか?競合を避けて独自の編成をするのか?も注目である。

プロ野球全体の傾向としてドラフトの指名がチームの浮沈に大きく関わっている。例えばセリーグ優勝を果たした広島東洋カープや悲願のCS出場を決めた横浜DeNAベイスターズはこれまで「弱い」とされてきた、奇譚なく言ってBクラス争いをしていた球団である。躍進の理由としてチーム全体としてのたゆまぬ努力は勿論だが、ドラフト制度の改革(逆指名・大社・高卒別ドラフトの廃止)が要因の一旦であると思われる。

独自路線(囲い込み)によって有力選手を確保してきたジャイアンツもここ数年は力のある選手を確保することが出来ずベテランの力に頼る状況が続いていてチーム力は落ちている。

平等に均等に戦力が割り振られる本来の形が整って来た現在、ドラフトはとても重要プロ野球ファンとしてもとても楽しみなイベントである。

ここではドラフト会議で上位指名されうる注目の選手と昨年の振り返り、各球団の指名結果を記載していく。

17:00 リアルタイムで更新

2016年 ドラフト 注目選手

  • 田中正義 投手
  • 寺島成輝 投手
  • 佐々木千隼 投手
  • 山岡泰輔 投手
  • 柳裕也 投手
  • 吉川尚輝 選手
  • 京田陽太 選手

などが上位指名のある選手として注目を集めている。

なんといっても注目は田中正義投手に尽きる。実力と規格は折り紙つき。素人目に見ても只者ではないのが分かる。ドラフト的には田中投手にどの程度の球団が競合を覚悟してして指名するかが注目である。5球団は競合するのではないかと言われている。※本日のスポーツ紙では最大7球団競合との記事も出ている。

2016年 ドラフトの一位指名結果

17:00からリアルタイム更新!!

ドラフト一位結果

オリックス 山岡泰輔
中日 柳裕也
楽天 藤平尚真
ヤクルト 寺島成輝
西武 今井達也
阪神 大山悠輔
ロッテ 佐々木千隼
DeNA 濱口遥大
ソフトバンク 田中正義
巨人 吉川尚輝
日本ハム 堀瑞輝
広島 加藤拓也

経緯

■第一順指名

田中正義は5球団競合

オリックス 山岡
中日 柳
楽天 藤平
ヤクルト 寺島
西武 今井
阪神 大山
ロッテ 田中
横浜 柳
ソフトバンク 田中
巨人 田中
日本ハム 田中
カープ 田中

中日と横浜で柳裕也投手が競合
ロッテ、ソフトバンク、巨人、日本ハム 田中正義投手が競合

以外なところで阪神の大山、そして巨人も田中に特攻。

抽選結果

→ 柳 は中日ドラゴンズで確定!
→ 田中は福岡ソフトバンクホークスで確定

■ ハズレ一位

ロッテ 佐々木
横浜 佐々木
巨人 佐々木
日本ハム 佐々木
カープ 佐々木

ハズレ1位は佐々木投手がロッテ、横浜、巨人、日本ハム、広島の5球団全部の指名を受ける

→ 佐々木は千葉ロッテマリーンズで交渉権確定

■ ハズレ一位 ( 二回目)

横浜 濱口
巨人 吉川
日本ハム 堀
カープ 加藤

以降の結果についてはTBSにて確認できる。ネットでのリアルタイム中継もある。育成枠までキッチリ中継してくれるのでテレビよりも安心できる。ネットで視聴が可能な方はこちらをおすすめしたい。

プロ野球ドラフト会議2016|TBSテレビ

大正製薬 リポビタンD 100mL×10本 【指定医薬部外品】

大正製薬 リポビタンD 100mL×10本 【指定医薬部外品】

 

 

 

<参考> 2015年ドラフト振り返り

ヤクルト
1位 原樹理 投手
× 高山俊

読売
1位 桜井俊貴 投手

阪神
○1位 高山俊 選手

広島
1位 岡田明丈 投手

中日
1位 小笠原慎之介 投手
× 高橋純平

横浜
1位 今永昇太 投手

ソフトバンク
○1位 高橋純平 投手

日本ハム
1位 上原健太 投手
× 高橋純平
× 小笠原慎之介

千葉ロッテ
○1位 平沢大河 選手

西武
1位 多和田真三郎 投手

オリックス
1位 吉田正尚 選手

楽天
1位 オコエ瑠偉 選手
× 平沢大河

 2015年のドラフトから一年が経過した今振り返ると、一位指名される選手は即戦力と呼んで差し支えない選手が多かった。競合は高橋純平投手や高山俊選手、平沢大河選手で発生している。真中監督がくじを間違えて判別してしまいガッツポーズを先走ってしまったのも記憶に新しい。さらにはシステムトラブルで中継がグダグダだったのも思い出される。

阪神タイガースや横浜DeNAベイスターズが上位から下位指名まで結果を出したのではないかと言える。

 

果たして今年指名される選手たちや球団の来年の今頃はどのような評価になるのか? 数年後まで含めても長い時間かけて楽しめるのがドラフト会議というシステムの素晴らしさでもある。

●●● 2016年ドラフト会議で指名された選手の中から開幕一軍を掴み取る選手は現れるのか? 早くも待ち遠しい来シーズンの開幕は3月31日である。

プロ野球 2017年シーズン ~ 開幕戦・公式戦の球場・日程

ドラフト関連書籍

ドラフト会議の開始から50年が経過した昨今、様々な面白い書籍やムック本が刊行されている。

プロ野球ドラフト「黄金世代」読本 ファンを熱狂させた「8つの世代」 (文庫ぎんが堂)

プロ野球ドラフト「黄金世代」読本 ファンを熱狂させた「8つの世代」 (文庫ぎんが堂)

 

  

証言 プロ野球ドラフト会議50年

証言 プロ野球ドラフト会議50年

 

 

プロ野球ドラフト50年 part.1―1965ー2014 2014最新版 (B・B MOOK 1114)

プロ野球ドラフト50年 part.1―1965ー2014 2014最新版 (B・B MOOK 1114)

 

   

プロ野球ドラフト50年 part.2―1965ー2014 完全回顧ー事件とドラマが凝縮された半世紀 (B・B MOOK 1140)